入試情報

入試情報

入試トピックス 2019

岡山理科大学の入試は、これまで以上に受験生の皆さんの能力をしっかりと見極めていく方式に替えていきます。
将来の入試改革も見据え、個人個人の能力を引き出していく方式に力点を置いた取り組みです。
改革第1弾である2019年度入試の主なポイントを紹介します。
多彩な入試方式をラインナップしていますので、自分の強みを発揮できる入試方式でチャレンジしてください。

一般入試前期SA方式が、
1月30日、31日に試験日を変更

入試特待生制度連動の3科目入試がさらに充実。
募集人数最大のメイン入試、一般入試前期SA方式が試験日の変更で受験しやすくなります。

推薦入試A方式が「スタンダード型(均等配点)」
「指定科目重視型」で1日最大2出願可能に

「スタンダード型」に加え、受験科目のうち、指定科目1つの特典を2倍に換算する「指定科目重視型」を導入。
スタンダード型への出願が必須となり、指定科目重視型は併願できます。

AO入試が「スタンダード型」
「国際バカロレア利用型」の2タイプに

推薦書不要、専願制の「スタンダード型」と、高校の教育と国際バカロレア教育を併せて受けた者を対象にした、基礎資料と面接中心の「国際バカロレア利用型」でAO入試を実施します。

235名が入試特待生に!
4年間の学費最大581万円を全額免除

「一般入試前期SA方式、SAB方式、SB方式」および「推薦入試K方式」では、入学試験成績上位合格者を対象に、入学後、一定期間の学費を免除する入試特待生制度があります。

四国で獣医師を志す学生を応援
獣医学科に「四国枠入試特待生制度」を設置

卒業後に四国で獣医師となることを志す四国在住の受験生を対象に、特別推薦入試(専願制)とセンター試験利用入試CIの計20名程度に、貸与型奨学金を交付し、最大6年間の授業料を減免します。卒業後に5年続けて四国で獣医師として勤めた場合は、返済を免除します。

合格のチャンスが広がる
第2志望制度を採用

推薦入試K方式、一般入試前期(SA方式、SAB方式、SB方式、B1方式)、一般入試後期では、第2志望制度を採用しています。

全国最多26会場で受験できる!
推薦入試K方式と後期入試に今治会場を新設!!

一般入試前期(SA方式)では、仙台から那覇まで、全国26都市で受験できます。
地元で安心して岡山理科大学にチャレンジできます。