岡山理科大学 受験情報サイト

物理学科

物理学科

 

物理学の幅広い基礎知識を習得し、
技術革新の時代に対応できる力を養う。

コンピュータや光通信、ナノテクノロジーなど科学技術の発展には物理学が大きく貢献しています。最先端技術には、幅広い物理学の基礎知識と素養が欠かせません。本学科では、幅広いテーマにわたるカリキュラムを充実させ「理論物理」「宇宙科学」「ナノサイエンス」の3コースを用意。物理学の基礎を習得し、多方面に応用できる力を養います。技術革新の時代を柔軟に切りひらき、新しい技術を見出せる人材の養成をめざします。

YouTube キャンパスウォーク
その他動画はこちら

デジタルパンフレット
応用物理学科

学ぶ領域・分野

[力学]

ニュートン力学の基礎原理を学習し、力学が物理学全般にどのように応用されているかを学ぶ。

[宇宙物理]

惑星や太陽系、恒星、星間物質、銀河、銀河団、膨張宇宙における物理現象を学ぶ。

[物性物理学]

環境や構成元素比で変わる物質について、超伝導体、半導体、金属材料などの電気的・磁気的特性を学ぶ。

[量子力学]

粒子性と波動性が備わる物質を統一的に理解するため、波動力学である量子力学を学ぶ。

[電気磁気]

電気や磁気に関わる現象を理解するため、物理数学や微分積分学を活用し、電場や磁場における物理法則を学ぶ。

[粒子線物理]

荷電粒子(イオン)が物質中を通過した際のエネルギーや放射線(α線、β線、γ線)が物質に与える影響などを学ぶ。

4年間の学びの流れ

1年次

数学、力学、電磁気学など物理学の基礎を習得

数学、物理学、生物学、化学では入門編を用意。数学や力学、電磁気学などの基礎科目では、高校の履修状況に応じて「ゆっくりコース」と「ふつうコース」にわけて学習し、スムーズな高大接続学習をめざします。

2年次
-
3年次

興味のある専門科目を学ぶ

各自の興味や関心に基づく「理論物理コース」「宇宙科学コース」「ナノサイエンスコース」に沿った専門科目の学習。各分野について深く追究します。さらに、知識を実学にいかすため「電気・電子工学実験」、「応用物理学実験」といった実験科目も学びます。

4年次

研究室で特別研究(卒業研究)に取り組む

物理学の基礎研究や、物性系、計測系といった応用研究を行うゼミに所属。少人数の環境で卒業研究に取り組みます。研究成果を学会などで発表する機会もあります。

カリキュラム(専門教育科目)

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 質点の力学Ⅰ
微分積分学Ⅰ・Ⅱ
線形代数学
応用数学
基礎電磁気学Ⅰ
コンピュータ入門Ⅰ・Ⅱ
質点の力学Ⅱ
基礎電磁気学Ⅱ
  特別研究Ⅰ・Ⅱ
ゼミナールⅠ・Ⅱ
専門科目   剛体の力学
量子力学の基礎
熱力学
熱統計物理
物理数学Ⅰ
プログラミング
情報処理工学
機械工学
電子工学Ⅰ・Ⅱ
電気工学概論
システム工学
物性工学
量子力学Ⅰ・Ⅱ
ベクトル解析・解析力学
物理数学Ⅱ
宇宙科学Ⅰ・Ⅱ
物性物理Ⅰ・Ⅱ
素粒子・原子核物理
光物理学
応用電磁気学
材料工学
計測工学
実験・演習 物理学基礎実験 電気・電子工学実験Ⅰ 応用物理学実験
専門関連科目 化学基礎論Ⅰ・Ⅱ/化学基礎実験
生物学基礎論Ⅰ
地学基礎論Ⅰ・Ⅱ/地学基礎実験
生物学基礎論Ⅱ/生物学基礎実験  
教員養成プロジェクト
関連科目
  教職基礎演習 野外実践指導実習Ⅱ/理科教材開発指導
授業実践演習/教職のための物理
教職のための化学/教職のための地学
教職のための生物
※卒業には124単位を修得(うち基盤教育科目より34単位)が必要です。
履修モデルはこちら
 



 

Student’s Voice

在学生(3年生)

杉原 早紀
島根県立三刀屋高校出身

幼少期からの興味を追究。将来の夢も見据えて学ぶ日々。

 幼い頃から実家にあった望遠鏡で天体観測をしていました。そこで宇宙に興味を持つようになり、理大の宇宙物理学研究室を選びました。卒業研究としてはブラックホールを題材にする予定です。ブラックホールに関しては分かっていないことが多くあり、未知のものではありますが、観測などを通じて何か小さなことでも解明できればと思います。

 これまで理大でさまざまな講義を受けてきて、実験レポートなどを作成する際に、自分の考えを誰にでもわかりやすいよう表現することの大切さや、そのスキルを改めて学びました。
 また、失敗してもその原因を分析し、対処していく力が身についたと実感しています。

 将来は教職に就きたいと思っているので、その際にはおおいにいかしていきたいと考えています。理大には板書練習などができる教職の演習室もあるので、私と同じように教職をめざす人にもお勧めの環境です。