バイオ・応用化学科

バイオ・応用化学科

工学部

応用化学、バイオを学び、 アクアやコスメにも応用し、 人に役立つ研究やものづくりで 活躍できる人材を育成。

バイオ・応用化学科3つのポイント

化学とバイオテクノロジ一を
基礎から応用まで徹底指導
アクアやコスメティックなど
4コースから専門分野を選択
高校での習熟度に配慮して
基礎カリキュラムを実施

物質を構成する分子などを解き明かす化学。 生物の生体機能を利用して遺伝子組換えや発酵などに取り組むバイオテクノロジー。 この2つのカテゴリーの理解を深め、アクア、コスメティックといった環境や生活にいかすことのできる化学についても学びます。 基礎化学、生物学などでの実験は1・2年次のカリキュラムに盛り込まれ、テーマとなるのは水の分析や微生物や細胞など。 DNA解析装置、遺伝子組換え実験室など最新の実験・研究設備が揃い、電子顕微鏡、質量分析装置などの機器も充実しています。 医薬品、食品、化粧品、環境などの研究や製造業で活躍できる人材を育成します。

4年間の学びの流れ

習熟度別、少人数制で基礎から学ぶ

高校で化学や生物を選択していなかった人も、それを考慮したクラス編成および少人数制により、化学や生物学の基礎を身につけることができます。 「フレッシュマンゼミ」では、少人数のグループに分かれて研究室をまわり、多くの教員と交流を図ります。

選択するコースを意識して専門科目を履修

応用化学とバイオテクノロジーに共通する専門科目を学びます。将来選択するコ一スを想定し、関連する科目を選択して履修します。専門分野の基礎となる知識と技術を身につけます。

4コースの専門分野を自由に学ぶ

「応用化学」「バイオテクノロジー」「アクアバイオ」「コスメティックサイエンス」の4コースの専門分野の中から興味のある科目を選択し、履修します。 「バイオ・応用化学実験」では、コース間の連携などについても学びます。

自ら考え、研究を企画・実行する力を養う

全学生が研究室に所属し、卒業研究に取り組みます。細胞バイオテクノロジー、アクアバイオなどの生物系に加え、ナノテクノロジー、ニューセラミックスなどの化学系とテーマはさまざま。 技術者や研究者の卵として、大いに鍛えられるのが特徴です。

学ぶ領域・分野

応用化学

有機合成、創薬、伝導材料など、産業や生活に密接し、地球温暖化や化学物質による汚染などの環境問題の解決にも関わる先端技術を学ぶ。 生活に役立ち、生活を豊かにするための実験や研究を重ね、また、物質を構成する分子を解析してその本質を知り、新しい物質を生み出す研究に取り組む。

バイオテクノロジー

微生物、培養細胞、タンパク質、酵素などをテーマに、生活に役立つ生化学技術や遺伝子操作などのバイオテクノロジーを学ぶ。 生物の生化学反応や、その機能を工業的に応用する技術を身につけ、遺伝子組換え、細胞融合、酵素を扱う技術を養う。 新品種育成、環境浄化、資源の効率的な利用などの分野で幅広く活躍できる力を養う。

アクアバイオ

実習を通して水産技術、水産化学について学ぶ。 海の魚やサンゴなど水圏の生物に関して広く知識を身につけ、食料問題の解決など社会に貢献できる力を養う。 淡水魚と海水魚の混泳が可能な好適環境水を用いて、熱帯魚、大型魚などの養殖に最適なフィッシュプラントをつくり上げる技術を学ぶ。

コスメティックサイエンス

化学を基本とした化粧品の原料、素材、製剤技術、さらに皮膚や毛髪の生理機能などを理解し、化粧品の研究、開発のベースを学ぶ。 また、化粧品の歴史や定義なども学びながら、材料学、薬学、生理学などを理解するプロセスで、食品、薬品など化粧品以外の分野でも役立つ知識が得られる。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通 基礎化学基礎化学演習Ⅰ・Ⅱ
基礎化学実験
フレッシュマンゼミ
情報リテラシー
/パソコン演習
解析学Ⅰ・Ⅱ
基礎有機化学
物理学Ⅰ・Ⅱ/統計学
地学基礎論Ⅰ・Ⅱ
基礎物理学実験
バイオ・応用化学における
安全と倫理

数値実験とプレゼンテーション技法
基礎生物学実験/地学基礎実験
  卒業研究Ⅰ・Ⅱ
 
専門科目 共通 生物学Ⅰ・Ⅱ/分析化学Ⅰ・Ⅱ 物理化学Ⅰ・Ⅱ
化学工学Ⅰ・Ⅱ
有機化学Ⅰ・Ⅱ
無機化学Ⅰ・Ⅱ
生化学Ⅰ・Ⅱ
/工業分析化学
水圏生物学/応用酵素学
バイオ・応用化学実験
Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

高分子化学
応用化学
コース
    ナノサイエンス/反応工学
セラミックス概論/創薬化学
センサー工学
バイオ
テクノロジー
コース
    分子生物学/遺伝子工学
細胞バイオテクノロジー
発酵生産と機能性食品
アクアバイオ
コース
    水生動物学/魚類繁殖学
魚類疾病学/魚類飼育論
水槽設計論/水圏生物学実習
コスメティック
サイエンス
コース
  化粧品概論 香粧品学/細胞生理学
化粧品の皮膚科学と安全学
コスメティックサイエンス概論
専門関連科目 共通   工業デザイン  
上級科目 共通 上級数学Ⅰ・Ⅱ    

在学生からのMessage

在学生(4年生)

江口 琴音
岡山県立倉敷南高校出身

メーカーの研究職をめざして、老化による肌の  黄ぐすみ”の
原因解明に力を注いでいます。

 人体や化学のメカニズムを知りたい、理解したいという思いからバイオ・応用化学科に入学。1年次は、化学や生物、物理の基礎を学習しました。転機は2年次に受講した安藤 秀哉先生の「化粧品概論」の授業で訪れました。しわやがんなど肌に対する紫外線の有害性が想像以上であることを知り、安藤先生のもとで改善方法や日焼け止めの化学的なメカニズムを研究したいと思うようになりました。

 現在は、安藤先生のコスメティックサイエンス研究室で、肌が老化とともに黄色くなる“黄ぐすみ”の原因解明に取り組んでいます。人の皮膚は表面から表皮、真皮、皮下組織の層構造になっており、従来は真皮の線維芽細胞がつくっているコラーゲンが老化で変色することが原因だといわれていました。しかし、私たちは、真皮線維芽細胞自体も黄色化するのではないかと考え、若い真皮線維芽細胞と老化した細胞の比較実験を実施。その結果、どちらの細胞内でも黄色化につながる反応は起きているものの、対応力のある若い細胞は黄色化せず、対応力の衰えた老化細胞は黄色くなってしまうことが判明しました。

 私たちが手がけている基礎研究のやりがいは、その成果が化粧品や薬品など幅広い製品の開発につながるところです。今回の研究成果は卒業論文にまとめ、発表します。

 将来の目標は、化粧品や製薬関連の企業で研究職に就くことです。卒業後は大学院に進み、引き続き皮膚の老化現象の原因解明に取り組み、研究力を高めたいと思います。

 

2018年3月修士課程修了

吉田 萌生
北海道 藤女子高校出身
株式会社わかさ生活勤務(京都府)

大学で皮膚の老化現象のメカニズムの解明について研究。
瞳の健康に関わる新商品企画にチャレンジ中です。

 興味をもっていた化粧品や水族館について、幅広く学べるバイオ・応用化学科を志望しました。好きな海水魚を飼育できる「水圏生物学実習」、化粧品と化学の結びつきがわかる「香粧品学」などを履修し、4年次からは化粧品・食品の素材開発に取り組む研究室を選択。皮膚科学の研究を深めたいと大学院に進みました。酸化ストレスにより老化した真皮線維芽細胞が黄色に変化する現象に着目し、黄色化のメカニズムをつきとめることを目標に研究。こうした学びの中で、体を内側と外側の両面からケアできる開発がしたいと考え、今の会社に就職。1年目から新商品企画を提案し、開発中です。瞳の健康につながる商品を幅広い年代層に届け、いずれは肌の健康に関わる商品開発にもトライしたいです

※在学生についての掲載内容は2019年3月時点の情報です。