生物化学科

生物化学科

理学部

バイオサイエンスと、バイオテクノロジーの知識と技術を身につけて生命の謎に挑む。

生物化学科3つのポイント

生物学と化学を2本柱とした、
基礎知識と応用技術の習得
生物化学の知識と技術で
生命現象の理解をめざす
生命、食糧、環境などの各分野で
活躍できる力を養う

生命の神秘、その謎を解く鍵は、バイオサイエンスとバイオテクノロジーの英知と技術にかかっています。生物学と化学が融合した「生物化学」は、微生物、植物、動物、ヒトなど、すべての生命に関わる基礎の学問領域であり、理学・工学・農学・医学・薬学など、幅広い専門分野に深く関連しています。本学科では、生物の基礎となる仕組みを学ぶとともに、化学的な知識を活用して、生命現象の本質的な理解とその応用技術の開発に取り組んでいます。遺伝子組換え、機能性食品、新薬開発、環境対策などの諸分野で活躍できる人材の育成をめざしています。

4年間の学びの流れ

バイオサイエンスの基礎を身につける

生物化学の基礎を「生物学概論」と「化学概論」で学びます。「バイオテクノロジー概論」と「生物化学トピックス」では、バイオサイエンスの基礎から最先端の研究に触れる科目を用意しています。「生物化学」や「有機化学」といった専門科目も学びます。

バイオサイエンスの専門科目を幅広く履修

「細胞生物学」「微生物学」「環境生態学」など、生物学から化学まで多彩な専門科目を履修します。細胞の仕組みや遺伝子の構造から環境科学まで、生物と化学の両面から生命の仕組みを理解していきます。

バイオテクノロジーに関連した実験に取り組む

「遺伝子工学」「食品機能化学」「薬品応用化学」「植物科学」など、バイオテクノロジーに関連した専門分野を幅広く学びます。1年かけて細胞・微生物・遺伝子組換え・食品・医薬品・環境といったバイオテクノロジーに関連の深い実験にも取り組み、実験操作技術も習得します。

先端のバイオサイエンス&バイオテクノロジ一を研究・開発

基礎生物学・応用微生物学から有機化学・環境科学に至る幅広い7つの研究室から選択し、卒業研究に取り組みます。豊富な実験装置や設備を駆使して、生命の謎に挑む先端的な研究テーマに取り組みます。新しいバイオテクノロジーの技術開発で、社会的な課題の解決をめざします。

 

学ぶ領域・分野

バイオサイエンス&テクノロジー

微生物からヒト、食品から医薬まで、「生命」を科学的に理解し、生物のもつ新しい能力を見出して応用する学びを展開。講義は基礎から応用にわたって幅広い分野を学び、3年次にはこれらの知識を形にするための実習、4年次には培った知識や技術をもとに卒業研究に取り組むことで、食品・バイオ産業や医薬・化学の分野で活躍できる力を習得する。

微生物バイオ

病気や健康と微生物の関わりをはじめ、発酵、機能性食品、化粧品原材料、さらには環境修復や保全など、多方面で研究・利用される微生物。微生物の細胞構造や代謝などの基礎分野に加え、微生物がもつ多様な機能が産業や医療に応用されていることを学ぶ。遺伝子組換え技術や解析技術などを駆使し、最先端の微生物バイオを最新鋭の機器を用いて研究する。

植物バイオ

農作物の品種改良や機能性・生産性の向上を目的とした遺伝子組換え、植物工場など、植物バイオ分野の研究が進展している。その一方、植物の成長メカニズムや関与するホルモンの作用など、まだ明らかになっていないことも多い。植物細胞の構造や機能を学習し、未解明のメカニズムを研究していくことで農業や環境保全に役立つ技術へとつながる研究を行う。

ケミカルバイオ

微生物や植物、生命が作り出すさまざまな物質は、我々の想像をはるかに超えた機能をもつことがある。ケミカルバイオの分野では、化学物質の構造や分析方法、合成法、物質変換技術などを学習。微生物や植物などが作るさまざまな物質の構造や機能を明らかにし、生体内に微量に含まれる希少物質の合成や医薬品、化粧品、機能性食品などに利用する研究を行う。

 

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 情報リテラシー
情報リテラシーⅡ
生物化学Ⅰ/有機化学Ⅰ・Ⅱ
分析化学

化学概論/生物学概論
生物化学トピックス
バイオテクノロジー概論
細胞生物学Ⅰ 生物化学実験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
専門科目   分子遺伝学Ⅰ/細胞生物学Ⅱ
生物化学Ⅱ・Ⅲ/環境分析化学
有機化学Ⅲ・Ⅳ/環境生態学
微生物学/生物無機化学Ⅰ
進化・発生生物学/分子遺伝学Ⅱ
天然物化学/環境生物化学
生体反応学/生物間コミュニケーション
生化学計算法/機器分析法
生物化学的分析法/遺伝子工学
植物科学Ⅰ・Ⅱ/免疫学
応用微生物学/応用酵素学
食品機能化学/生物有機化学
生物的環境保全論
薬品応用化学/薬品合成化学
専門関連科目 数学Ⅰ・Ⅱ
生物学基礎実験
地学基礎実験
地学基礎論Ⅰ・Ⅱ
物理学基礎論Ⅰ
物理学基礎論Ⅱ
物理学基礎実験
化学基礎実験
 
教員養成プロジェクト
関連科目
  教職基礎演習 野外実践指導実習Ⅱ
理科教材開発指導
授業実践演習
教職のための化学
教職のための地学
教職のための生物
教職のための物理

在学生・卒業生からのMessage

在学生(4年生)

赤嶺 孝太
沖縄県立那覇高校出身

積み上げた実験スキルをいかし先端の遺伝子組換え技術で植物ホルモンの仕組みに迫る。

 小学校で、理科に興味をもち、高校で生物を学んでいくうちに、大学ではもっと専門的に学びたいと考え生物化学科を選びました。入学後、特に印象に残った科目は1年次の「化学基礎実験」です。高校までの教科書で目にした化学反応を実験で再現。色の変化や匂いなどを通して答え合わせをしているような感覚で、昔から手を動かして実験することが好きだった私にとって、本当に楽しく学ぶことができた科目でした。

 4年次からは林 謙一郎先生・福井 康祐先生の生物分子化学研究室に所属。オーキシンの代謝メカニズムについて研究しています。オーキシンとは植物の成長を促進させるホルモンの一種です。必要な時以外は体内で代謝されないと、逆に植物の成長を阻害してしまうことから、オーキシンは雑草を枯らす除草剤として農業に使用されることもあります。

 研究では、アブラナ科のシロイヌナズナを使用し、オーキシンが代謝されるために必要な酵素の遺伝子を組換えて、試験管の中でどのように作用するか実験を重ねています。オーキシンの代謝メカニズムがわかれば、さまざまな環境下で農作物の成長をコントロールできるようになり、将来的には農業の発展に貢献できるかもしれません。

 卒業後は地元に戻り、清涼飲料水メーカーに技術職として就職します。誰もが口にしたことのある飲料製品を製造・品質管理する立場になるので、大学で身につけた技術をいかしながら、仕事に励んでいきたいと思います。

2018年3月修士課程修了

向田 潤
広島県立安古市高校出身
丸善製薬株式会社勤務(広島県)

この反応はどうして起こっているのか?
現在の仕事でも原理を確かめつつ製法を検討。

 微生物を活用した食品づくりに興味をもって進学先を調べるうち、岡山理科大学の生物化学科に魅力を感じて志望しました。動物、植物、微生物といった生き物の代謝から、有機合成などの化学分野まで幅広く学び、学部4年次と大学院では乳酸菌を使った機能性食品の素材について研究。効率よく量産できる培養環境を模索しつつ、「乳酸菌はなぜ、その反応を起こすのか?」といった原理についても追究しました。現在の職場は、化粧品や食品の機能性原料を研究開発している原料メーカーです。植物エキスを食品づくりにいかすという興味があった分野を担当し、原理を考えつつ製法の検討を重ねています。新しいテーマを学会などでつかみ、世の中に出していくことが目標です。

※在学生についての掲載内容は2019年3月時点の情報です。