生物科学科

生物科学科

生命科学部

生物の力で暮らしを豊かに地球と人間の共生を科学する

生物科学科3つのポイント

生物に関する5つのコースの
多彩な学びと研究
興味に合わせて学べる
自由なカリキュラム構成
社会で活躍できる
バイオの知識と技術が身につく

生命の謎を最先端技術で解き明かす「バイオサイエンスコース」、地球に優しい食糧生産技術を学ぶ「生物生産コース」、化粧品と食によるアンチエージングにアプローチする「コスメ・食品コース」、環境問題の改善を追究する「環境科学コース」、未来の医療技術を開発する「医用生物学コース」で構成。健康で、自然と調和した持続可能社会の実現をめざします。

4年間の学びの流れ

バイオサイエンスの基礎を身につける

生物科学の基礎を学びます。また、学科で行われている様々な先端研究を各先生からわかりやすく学ぶ科目を準備。秋学期からは「分子遺伝学」「生命物質化学」等の生物科学の専門科目もスタートします

コースに分属し、専門基礎科目を広く履修

バイオサイエンス、生物生産、コスメ・食品、環境科学、医用生物学のいずれかに分属します。基礎から応用的な科目を段階的に履修します。また、バイオサイエンス実験により生物科学を体感します。

所属コース専門科目を中心に他コースの科目も履修

所属コースの専門科目に加えて他コースの専門科目も幅広く履修することで、より高度な専門性を養います。実験科目も各コースに準備され複数の実験に幅広く取り組みます。

先端研究をとおして実社会で活躍できる人材へ

バイオサイエンス、生物生産、コスメ・食品、環境科学、医用生物学の各コースに設けられた研究室に配属し、先進的な技術や理論による卒業研究テーマに取り組みます。

学ぶ領域・分野

理学系-生物科学

生命現象を科学的に理解するため、細胞を構成するタンパク質、DNAやRNAの遺伝物質、脂質やビタミン類の化合物について学び、細胞の機能をゲノム情報にもとづいて理解する。生命現象を産業分野や医療分野へ応用するための基盤となる力を習得する。

農学系-生物科学

「微生物」、「植物」、「魚類・水産」など、食糧生産や産業利用につながる “ものづくり”を学ぶ。さら にこれらが食品として人に与える機能や安全性を理解する。豊かさと、環境に配慮した持続可能な社会の両立を目指し、生物の力を応 用に結びつけるための研究 を行う。

環境系-生物科学

人間活動が環境や生態さらには人間におよぼす影響を分析するための知識や技術を身につける。また、自然環境と共生できる豊かな社会の実現のため、グリーン化学の分野を学び、製薬や機能性化合物の合成など、産業応用も可能な環境科学に関する研究を行う。

医学・細胞系-生物科学

iPS細胞など幹細胞による再生医療の先進技術について学び、がん治療などに貢献する研究を行う。
また、コスメティック分野では皮膚細胞培養技術を用いた肌研究、化粧品開発などについて学ぶ。超高齢社会で健康寿命延伸に貢献す
る研究を行う。

カリキュラム(専門教育科目)

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 生命科学概論Ⅰ・II
生命科学のための生物学
生命科学のための化学
生命科学のための物理学
情報リテラシー
コンピュータ演習
    卒業研究Ⅰ・II
共通専門科目 生命物質化学
分子遺伝学
細胞生物学
酵素と代謝
生物有機化学
微生物学
分析化学
動物生理学
植物科学
生体反応化学
生物統計と生化学計算法
専門英語
コース専門科目
※所属コース科目だけでなく
全てのコース科目を選択履修できます。
バイオサイエンスコース   タンパク質科学
生体物質の代謝学
免疫生物学
細胞分子生物学
バイオサイエンス実験
遺伝子工学
細胞情報制御学
ゲノム科学
進化生物学
ヒト疾患学
発生生物学
植物分子生理学
 
生物生産コース   発酵と食品科学
植物栽培学
微生物の産業利用
生物間共生学
魚類飼育論
アクアリウム環境論
生物活性化学
応用植物資源学
植物育種学
水産生物学実習
コスメ・食品コース   コスメティックサイエンス概論
化粧品開発のための皮膚生物学
食品バイオテクノロジー
皮膚毛髪の発生再生学
香粧品学
食品安全衛生学
食薬学
食品機能学
コスメ・食品実験
環境科学コース   環境科学
環境公衆衛生学
環境生態保全学
グリーン物質合成化学
生活環境学
グリーン創薬化学
環境生体応答学
機器分析法
環境科学実験
医用生物学コース   生体材料学 細胞工学
組織工学
分子生理学
タンパク質医用科学
再生医学
人工臓器概論
医用ナノテクノロジー
医用生物学実験
専門関連科目 物理学基礎論Ⅰ・II
物理学基礎実験
地学基礎論Ⅰ・II
地学基礎実験  
教員養成プロジェクト科目   教職基礎演習 野外実践指導実習Ⅱ
理科教材開発指導
授業実践演習
教職のための物理
教職のための生物
教職のための化学
教職のための地学
教職のための文章表現法
教職のためのプレゼンテーション
※卒業には124単位を修得(うち基盤教育科目より34単位)が必要です。

在学生からのMessage

在学生(4年生)

三宅 静流
岡山県立岡山一宮高校出身

学びの中で専門知識を身につけ確実なスキルアップができた。

 高校時代、課題研究の一環で経験した学生実験の面白さから「もっと実験や研究がしたい!」と思い、理大に進学しました。所属研究室では、野菜の持つ抗酸化物質がヒトの細胞にもたらす効果について研究しています。ヒトのがん細胞などへの作用も想定しており、ゆくゆくはそういった病気の治療にも役立つだろうと考えています。

 理大で学び、身につけられた最大の武器は、専門性の高い知識です。授業や研究を通して、確実に知識や技術を積み重ねることができました。またインターンシップに参加し、その場その場の状況に合わせて対応・対処する力も養えたと思います。卒業後は、当初希望していた通り研究職に就く予定です。在学中に得たことを最大限にいかしながら、仕事に邁進していきたいと思っています。

 

※在学生は前身の理学部生物化学科在学時の内容です。