知能機械工学科

知能機械工学科

工学部

ものづくり初心者でも安心のカリキュラムで機械を設計・製作・制御できる技術者・研究者を育成。

知能機械工学科3つのポイント

協働して機械を設計・
製作(加工)・制御できる
自律した技術者を育成
理工学の初心者にも対応した
教育環境。機械工学を中心に
電子工学や情報工学も学習
社会人として
必要な素養を伸ばす。
大学院進学を推奨

暮らしを快適にするものづくりの現場で役立つロボット・メカ卜口ニクス技術を身につけます。「ロボットシステム」「アミューズメント工学」の2コースを設置し、機械の設計・製作および電子回路や情報処理について学習。各学年で開催されるロボットコンテストで実践的に学ぶことで、初心者でもロボットを協働して設計製作制御できる力を培い、総合的に製品づくりができる技術者をめざします。このようなものづくり教育を通した「一人で機械(ロボット)が設計できる技術者の育成」は、日本工学教育協会の中国・四国工学教育協会賞を受賞(2014年)するなど、学外からも大きな評価を受けています。

4年間の学びの流れ

数学、物理学といった工学系の基礎を固める

基礎科目については高校での履修状況に応じたクラスを編成し、各学生の習熟度を把握しながら講義を実施します。「ロボットものづくり体験演習」などでは実践面も重視。携帯電話に使われる振動モータを用い、移動できるロボットをチームで製作し、コンテストも実施します。

機械工学など専門基礎分野を学ぶ

講義と実験・実習を通して、ハードとソフトを幅広く学びます。秋学期の実践科目「ロボット知能化演習」では移動制御プログラムを使い、赤外線センサで周囲の迷路を自主的に探索できるロボットをチームで製作。コンテストも実施します。

コースの方向性に沿った専門分野を学ぷ

「ロボットシステムコース」「アミューズメント工学コース」のいずれかを選択。各コースの専門科目を学び、自らの研究分野を見つけます。秋学期には、将来の目標に合った研究テーマから研究室を選択。卒業研究に向けてプレゼミがスタ一トします。

特定分野のテーマに基づき卒業研究に取り組む

選択した研究室の分野に基づいてテーマを決め、調査や実験などを重ねながら卒業研究を進めます。他分野との合同デイスカッションや研究発表会などを通じ、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、デザイン能力、問題解決能力なども身につけます。

学ぶ領域・分野

機械工学

材料、流体、機械、熱という4力学に加え、計測制御、機械製図、機械加工など、ものづくりに必要な知識と技術を習得する。

情報工学

高度なロボットシステム構築のために不可欠なソフトウェアについて、C言語やアルゴリズムなど基礎と応用の力を習得する。

ユニバーサルデザイン

年齢や障がいの有無に関わらず、あらゆる人が共用できる人間中心設計の理念を学び、機械システムの設計や評価の方法を習得する。

電気・電子工学

ロボット製作に不可欠な科学技術で、社会生活の基盤でもあるアナログとディジタル両方の基礎的な回路設計の方法を習得する。

福祉人間工学

ヒューマンインターフェースの考え方を基礎から学び、使う人の立場を考えた生活支援機器の設計や評価の方法を習得する。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通 基物理学実験/力学Ⅰ・Ⅱ
情報リテラシー

コンピュータリテラシー
電磁気学/解析学Ⅰ・Ⅱ
線形代数/物理学Ⅰ・Ⅱ
応用数学Ⅰ・Ⅱ
プログラミング演習
  卒業研究Ⅰ・Ⅱ
専門科目 共通 機械製図ⅠA・B/人間工学
ロボット工学概論
アミューズメント工学概論
加工学
材料力学Ⅰ・Ⅱ/流体力学Ⅰ・Ⅱ
ロボット運動学
知能情報処理

ディジタル電子回路
アナログ電子回路
熱力学/数値計算法
機械力学/機械製図ⅡA・B
機械加工実習
制御工学Ⅰ・Ⅱ
知能機械工学実験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
ロボットダイナミクス
ユニバーサルデザイン

アドバンストセミナー
材料工学/センサ工学
データ解析
ものづくり
実践科目
ロボットものづくり体験演習 ロボット知能化演習 機械創造工学Ⅰ・Ⅱ
ロボット
システムコース
    ロボット制御工学
アクチュエータ機構学
知的制御システム論
ロボットビジョン
アミューズメント
工学コース
    アミューズメントコントローラ
バーチャルリアリティ
アミューズメントプログラミング
ヒューマンインターフェース
専門関連科目 共通   工業デザイン
化学実験
 
上級科目 共通   上級数学Ⅰ・Ⅱ  

在学生・卒業生からのMessage

チームを組んでロボコンに出場。
ものづくりにイチから挑んだ経験を、宇宙ロボットの開発にいかしたい。

 子どもの頃から宇宙とロボットが大好きでしたが、中学や高校で具体的な接点はありませんでした。大学では絶対に本格的に学びたいと考え、知能機械工学科を選択。機械製図やプログラミング、回路設計など、ロボットを一人で設計・製作できるスキルが身につきました。

 その成果を実感できたのは、3年次に学科チームで挑んだロボットコンテストです。ギャップタームを活用し、製作したロボットで箱にモノを入れるスピードを競う「キャチロボバトルコンテスト」に出場。初出場ながら決勝リーグに進むことができ、高い評価を受けました。他大学とは違い、私たちは歯車やギアといったパーツに至るまで手づくりで製作。現場で組み立て直しても問題なく動作させることができ、高いスキルが身についていることを実感しました。技術指導や力強いアドバイス、製作場所の提供など、先生から手厚いサポートがあったのも、ありがたかったです。

 4年次からは藤本 真作先生のロボティクス研究室に所属。パワーアシストスーツの開発という新しい研究テーマを立ち上げました。モータで動かすのではなく、腕、肩、腰などに着けた空気圧人工筋肉を使うため、柔らかい使い心地でパワーアップ可能なロボットスーツです。今後は試作を重ねた成果を学会で発表する予定です。こうした自主的かつ能動的な学びをアピールしたところ、JAXA(宇宙航空研究開発機構)から内定を得ることができました。卒業後は、大学での学びをいかし、宇宙ロボット分野に全力を尽くしたいです。

在学生(4年生)

草部 将吾
兵庫県立明石清水高校出身

二足歩行ロボットの製作に挑戦した経験を糧に
世界で活躍する企業で設計者の道を歩んでいます。

 テレビでロボコンを観て興味をもち、1年次からロボットづくりができる知能機械工学科に進学しました。3年次には綱引きと玉入れの機能を兼ね備えたロボットをチームで製作。研究室では「ゴム人工筋でロボットを人間と同じ二関節で二足歩行させたい」という前例のないテーマに挑戦し、実際に動いたときには感動しました。卒業後は工場などの大規模設備を扱う世界的な企業に就職。私は製鐵所や化学工場といった顧客設備を対象に、メンテナンスや改修、更新工事に必要な図面作成や部材の発注を行っています。お客様の生産性に影響するため、確実な現場調査とお客様や外注業者との積極的な連絡・確認作業も大切な業務です。女性の少ない業種でチャンスが得られる可能性を感じ、張り切っています。

2014年3月修士課程修了

八杉 好美
兵庫県 日ノ本学園高校出身
山九株式会社勤務(兵庫県)

※在学生についての掲載内容は2018年3月時点の情報です。