NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 伊豆弥生准教授(獣医学科・実験動物学講座)、新井清隆助教(獣医学科・外科学講座)と順天堂大学医学部整形外科の共同研究成果

伊豆弥生准教授(獣医学科・実験動物学講座)、新井清隆助教(獣医学科・外科学講座)と順天堂大学医学部整形外科の共同研究成果

2021.09.08更新学科レポート
[獣医学科]

伊豆弥生准教授(獣医学科・実験動物学講座)、新井清隆助教(獣医学科・外科学講座)と順天堂大学医学部整形外科の共同研究成果が、
Journal of Clinical MedicineのSpecial Issue “Strategies for the Prevention of Knee Osteoarthritis”に掲載されました。
論文タイトルは” Collagen XII Deficiency Increases the Risk of Anterior Cruciate Ligament Injury in Mice”です。
1年生から参加可能な準正課プログラムであるiLAPを利用して獣医学科の藤原渓さんと米田大珠さんが参加した本研究では、
XII型コラーゲンが前十字靭帯断裂の新規リスクファクターとして有用であることを明らかにしました。
伊豆先生が現在進めている12型コラーゲン研究のさらなる発展が期待されます。

本研究論文に関するURL
https://www.mdpi.com/2077-0383/10/18/4051