獣医保健看護学科

獣医保健看護学科

獣医学部

ヒトと動物をみつめる研究者、動物に関わる公務員、責任がもてる動物看護師を育成する。

獣医保健看護学科3つのポイント

最新のキャンパスで
充実した学生生活が送れる
ヒトと動物をつなぐ
資格の取得をめざせる
万全のサポート体制による
公務員試験対策が受けられる

私たちの生活は動物との関わりのなかで成り立っています。また、一方で世界に目を向けると、食の安全や動物感染症対策、実験動物を用いた先端医療開発などの分野で活躍できる人材が強く求められています。家族の一員である動物においても、高度獣医療や災害時対応、老齢動物介護など、さまざまな問題があり、その解決には多様な専門性が必要です。本学科では、「One World, One Health, One Medicine」を合言葉に、動物に関わるスペシャリスト「獣医関連専門家(Veterinary Para-Professional:VPP)」を育成。ライフサイエンス・公共獣医事・獣医療看護の各分野で、動物とともに生き、より良い社会作りを担う人材を養成します。

4年間の学びの流れ

VPPの職域や動物の基本的構造・機能について学ぶ

VPPの担う広範な職域や、協働する獣医師の役割について学ぶほか、動物の基本的構造と機能について基礎知識を習得します。講義や学外見学などの授業は、獣医学科の学生とともに学びます。

動物の病気の原因、構造、予防法などを理解

動物の病気とはどのようなものがあるのか、病気になったとき、体はどのような状態にあるのか、その変化や診断方法、原因となる微生物・寄生虫、食品などについて知識や技能を身につけます。多くの科目については、獣医学科の専任教員が担当します。

VPPの専門的知識と技能の習得

動物の健康維持、検査技術、感染症対策の危機管理など、VPPに共通して必要な専門的知識と技能を習得します。さらに、ライフサイエンス分野、公共獣医事分野、獣医療看護分野から選択し、専門的に学びます。

各分野での専門的知識と技能の習得と卒業研究

各分野での専門性を高めるための講義、実習による知識と技能を習得するとともに、卒業研究を通して論理的思考法と論文執筆やプレゼンテーションなどの表現法を身につけます。

学ぶ領域・分野

ライフサイエンス分野

実験動物学、実験動物飼養管理学、実験動物処置管理演習に加えて、めざましく発展しているゲノム編集技術に関わる遺伝子工学、生殖工学などを学習。実験動物の取り扱いや実験動物施設の管理運営に対応できる、専門的な知識と実践力をもつ人材を養成する。本分野では、実験動物技術者一級試験の合格をめざす。

公共獣医事分野

産業動物看護学、人工受精学、動物危機管理学、バイオセーフティ学を学習。また、感染症対策や食の安全性を担う職業は公務員であることが多いため、公務員対策のスペシャリストを専任教員に据え、公務員として活躍できるよう専門的知識と技能をもつ人材を養成する。農林水産省畜産系技術職員などの養成をめざす。

獣医療看護分野

チーム獣医療、高齢動物看護学、救急・終末医療看護学について理解を深める。また、二次病院として獣医学教育病院を設立する環境をいかし、高度獣医療における動物の管理やケアについて実践的に学ぶことで、専門性の高いスキルと知識を身につける。動物看護師統一認定試験の合格をめざす。

 

カリキュラム



<クリックするとPDFファイルを表示します。>