獣医保健看護学科

獣医保健看護学科

獣医学部

よりよい社会づくりに貢献するため、 動物看護師をはじめとする幅広い「動物の専門職」を養成。

獣医保健看護学科3つのポイント

高い専門性をもつVPPを養成する
獣医療看護、ライフサイエンス、公共獣医事の3つの分野から
専門分野を選択できる
ヒトと動物をつなぐ資格の
取得ができる

世界に目を向けると、食の安全や動物感染症対策、実験動物を用いた先端医療開発などの分野で活躍できる人材の養成は急務。家族の一員である動物においても、さまざまな問題があり、その解決には多様な専門性が必要 です。本学科では、動物看護を含む動物のスペシャリスト「獣医関連専門家(Veterinary Para-Professional:VPP)」を養成。獣医療看護・ライフサイエンス・公共獣医事の各分野で、動物とともに生き、よりよい社会づくりを担う人材の養成をめざします。

4年間の学びの流れ

VPPの職域や動物の基本的構造・機能について学ぶ

VPPの担う広範な職域や、獣医師と協働する獣医事について学ぶほか、動物の基本的構造と機能について基礎知識を習得。講義や学外見学などの授業は、獣医学科の学生とともに学びます。

動物の病気の原因、構造、予防法などを理解

動物の病気の変化や診断方法、原因となる微生物・寄生虫、食品などについて知識や技能を身につけます。

VPPの専門的知識と技能の習得

動物の健康維持、検査技術、感染症対策の危機管理など、VPPに必要な専門的知識と技能を習得。
獣医療看護分野、ライフサイエンス分野、公共獣医事分野から選択し、専門的に学びます。

各分野での専門的知識と技能の習得と卒業研究

各分野での専門性を高めるための講義、実習による知識と技能を習得するとともに、卒業研究を通して論理的思考法と論文執筆やプレゼンテーションなどの表現法を身につけます。

学ぶ領域・分野

ライフサイエンス分野

動物福祉論、実験動物学、実験動物飼養管理学に加えて、めざましく発展しているゲノム編集技術に関わる遺伝子工学、生殖工学などを学習する。実験動物の取り扱いや実験動物施設の管理運営に対応できる、専門的な知識と実践力をもつ人材を養成する。

公共獣医事分野

産業動物看護学、人工授精学、動物危機管理学、バイオセーフティ学を学習。また、感染症対策や食の安全性を担う職業は公務員であることが多いため、公務員対策のスペシャリストを専任教員に据え、公務員として活躍できるよう専門的知識と技能をもつ人材を養成する。

獣医療看護分野

チーム獣医療、臨床動物栄養学、救急・終末医療看護学について理解を深める。また、二次病院として獣医学教育病院を有する環境をいかし、高度獣医療における動物の管理やケアについて実践的に学ぶことで、専門性の高いスキルと知識を身につける。

カリキュラム



<クリックするとPDFファイルを表示します。>
 
 

在学生からのMessage

在学生(3年生)

竹中 渚
奈良県立奈良北高校出身

自ら考えて行動するなかで進むべき道が見えてくる。

 理大に入学当初は、動物看護師を目標にしていました。獣医保健看護学科で学ぶうちに、ライフサイエンス分野で社会に貢献したいと考えるように。実験動物分野で活躍する資格、「実験動物1級技術者」の取得をめざすようになりました。

 今は、その想いを実践するため、学生主体のサークル「SLAT」で、同じ志を持つ仲間と一緒に勉強にはげんでいます。「SLAT」は、上級の実験動物技術者(Senior Laboratory Animal Technician)の頭文字をいただきました。これからめざす目標として仲間や先生と考えた名前です。絶対に資格取得をする。そんな気持ちで頑張っています。

 私たちは1期生のため、相談できる先輩はいませんでしたが、その分、先生方との距離が近く、親身になって相談にのってくれました。そのおかげで、将来、本当に進みたい道もはっきり見えてきたと感じます。

※在学生についての掲載内容は2021年3月時点の情報です。