教育研究上の目的(大学)

教育研究上の目的(大学)

大学の目的

 岡山理科大学は、教育基本法及び学校教育法に基づき、学術の理論及び応用を研究教授するとともに、豊かな人間性と創造的知性を備えた人材を育成して、学術文化の向上と社会の発展に寄与することを目的とする。

基盤教育(共通教育)と専門教育の目的・目標

 岡山理科大学は、基盤教育(共通教育)と専門教育を「車の両輪」として正課教育を展開する。
基盤教育(共通教育)では、幅広い教養を養うとともに人間力や主体的学びの基礎を確立して、各専門分野の深い学びへと誘うことができる体系化された教育プログラムに沿って、「こころ豊かに生きる」「知性を磨く」「技能を活かす」という3つの成長の観点から、

  • 人として生きていくうえで大切とされる人間性の涵養
  • 専門教育を効果的に学び・活かすためのラーニング・スキルの修得
  • 社会で活躍するための基盤となる汎用的能力の育成

を目指す。
専門教育では、真理の探究と各専門分野に関わる諸課題の解決に繋がる体系的な教育プログラムを展開し、

  • 特定の専門分野における高度な知識・技能の修得
  • 専門的知識・技能を活かした論理的思考力や創造力の育成
  • 実践的な情報収集・分析能力とコミュニケーション能力の獲得
  • 専門分野の探究的な学びを通した問題発見・解決能力の育成

を目指す。
 基盤教育(共通教育)と専門教育を相互に関連づけながら体系的・段階的・継続的に学ぶことによって、人生に役立つ幅広い教養と深い専門性を培い、時代の変化に柔軟に適応できる能力を涵養することを本学の教育目標とする。