物理科学専攻

物理科学専攻

理学部 応用物理学科

素粒子から宇宙まで幅広く深く追究。新しい時代を切りひらく技術力を身につける。

応用物理学科3つのポイント

天文・宇宙、素粒子、
ナノサイエンスなど、
先端科学に必須の分野を学ぶ
先生と意見を交わしやすいよう
少人数制で自由な研究環境
習熟度別クラス編成や
教員資格取得の面接指導など、
きめ細かい教育サポート

コンピュータや光通信、ナノテクノロジーなど科学技術の発展には物理学が大きく貢献しています。最先端技術に携わる理学・工学のスペシャリストや研究開発者にも、幅広い物理学の基礎知識と素養が欠かせません。本専攻では物理学の基礎を習得し、多方面に応用できる力を養います。超伝導、センサ、電子材料、素粒子、宇宙など、幅広いテーマを内包するカリキュラムを充実させ「理論物理」「宇宙科学」「ナノサイエンス」の3コースを用意。技術革新の時代を柔軟に切りひらける人材、次世代をリードする新しい技術を見出せる人材の育成をめざします。

4年間の学びの流れ

数学、力学、電磁気学など物理学の基礎を習得

大学での学びをスムーズにするため、数学、物理学、生物学、化学においては、高校での学びを復習する入門編を用意。また数学や力学、電磁気学などの基礎科目では、高校の履修状況に応じて「ゆっくりコース」と「ふつうコース」に分かれます。

コースを選択し、興味のある専門科目を学ぶ

2年次に「理論物理コース」「宇宙科学コース」「ナノサイエンスコース」のいずれかを選択。各コースの特色に応じて、物理数学、熱統計物理、量子力学といった物理学や、情報処理、電子・電気関連、半導体、計測制御といった工学・情報の専門科目を学びます。また学生一人ひとりの目標に応じて学べるよう、必修科目が少なく、選択科目が中心なので、興味関心のある分野について深く追究できます。さらに、知識を実学にいかすため「電気・電子工学実験」、「応用物理学実験」といった実験科目も学びます。

研究室で特別研究(卒業研究)に取り組む

物理学の基礎研究や、物性系、計測系といった応用研究を行うゼミに所属。少人数だから先生に直接疑問をぶつけやすく、討論することによって、自らの思考を発展させることができます。研究成果を学会などで発表する機会もあります。

学ぶ領域・分野

力学

ニュートン力学の基礎原理を学習し、力学が物理学全般にどのように応用されているかを学ぶ。

宇宙物理

電磁気学、熱統計力学、相対論、量子力学、原子核・素粒子物理を通して、惑星や太陽系、恒星、星間物質、銀河、銀河団、膨張宇宙における物理現象を学ぶ。

物性物理学

物質は、超低温・超高温・高圧等の環境、構成元素比でその性質が大きく変わる。超伝導体、半導体、金属材料などの電気的・磁気的特性を学ぶ。

量子力学

物質には粒子性と波動性が備わっている。これを統一的に理解するために、確率波としての波動力学である量子力学を学ぶ。

電気磁気

電気および磁気に関わる現象を理解するために、物理数学や微分積分学を活用して、電場や磁場に関わる物理法則を学ぶ。

粒子線物理

荷電粒子(イオン)が物質中を通過した際のエネルギーの付与や放射線(α線、β線、γ線)が物質に与える影響などを学ぶ。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 質点の力学Ⅰ
微分積分学Ⅰ・Ⅱ
線形代数学
応用数学
基礎電磁気学Ⅰ
コンピュータ入門Ⅰ・Ⅱ
医学概論・公衆衛生学
医用工学概論
質点の力学Ⅱ
基礎電磁気学Ⅱ
解剖学
  特別研究Ⅰ・Ⅱ
ゼミナールⅠ・Ⅱ
専門科目   情報処理工学/機械工学
電子工学Ⅰ・Ⅱ/電気工学概論
システム工学/物性工学
プログラミング/物理数学Ⅰ
剛体の力学/量子力学の基礎
熱力学/熱統計物理
応用電磁気学/ベクトル解析・解析力学
材料工学/計測工学
物理数学Ⅱ/量子力学Ⅰ・Ⅱ
光物理学/物性物理Ⅰ・Ⅱ
宇宙科学Ⅰ・Ⅱ
素粒子・原子核物理
実験・演習 物理学基礎実験 電気・電子工学実験Ⅰ 応用物理学実験
専門関連科目 化学基礎論Ⅰ・Ⅱ/化学基礎実験
生物学基礎論Ⅰ
地学基礎論Ⅰ・Ⅱ/地学基礎実験
生物学基礎論Ⅱ/生物学基礎実験  
教員養成プロジェクト
関連科目
  教職基礎演習 野外実践指導実習Ⅱ/理科教材開発指導
授業実践演習/教職のための物理
教職のための化学/教職のための地学
教職のための生物

在学生・卒業生からのMessage

在学生(3年生)

藤雄 有希
広島文教女子大学附属高校出身

理論と観測の両面から、宇宙の謎の解明に挑戦する。
銀河の進化の謎にも迫りたい!

 幼い頃から関心のあった宇宙を大学で本格的に学びたいと考えていました。高校で進路指導担当だった先生に相談したところ、「自由な校風で、宇宙に関する物理や数学も勉強できる」と紹介してもらい、応用物理学科に進学。宇宙を理論と観測の両面から理解するために必要となる物理学や数学の授業をはじめ、天体観測設備も充実していて、宇宙を徹底的に学ぶための体制が整っていると実感しました。

 3年次の「宇宙科学Ⅰ」の授業では、中性子星や超新星爆発、ビッグバンやブラックホールなどについて、計算を交えながら宇宙の基礎知識を習得。さらに「宇宙科学Ⅱ」の授業では、アインシュタインの特殊相対性理論や、一般相対性理論に踏み込んで学べました。
 
 研究室は、「銀河を中心に、宇宙がどう進化してゆくか」を研究する渡邉 誠先生の天文学研究室を選択しました。さまざまな宇宙観測によって集めた数値データや観測画像を基に、銀河の進化を調べ、その結果を宇宙の進化解明につなげるため、研究に取り組んでいます。学内に天文台があることに加えて、学外の他研究機関に設置された天体望遠鏡を遠隔操作して得たデータも使えるなど、研究環境は抜群です。太陽系外の惑星も発見されており、生命の兆候があるかなどの調査にも関心があります。

 宇宙は学べば学ぶほど謎が深まります。しかも今、私たちが明らかにしようとしていることが、この先の未来で重要な研究成果につながる、魅力あふれる研究分野だと感じています。

 

2018年3月卒業

石原 幹也
岡山県立玉野光南高校出身
瀬戸内市立邑久中学校勤務(岡山県)

教員としての知識を他学科との交流でも蓄積。
体験を増やし、失敗からも学べる授業がしたい。

  得意だった物理を学び、企業と教育機関の両方に将来の道がひらける応用物理学科を選択。実験の授業では、電気出力の値がずれるなどで苦労しましたが、失敗から学ぶ大切さを学びました。4年次には新しい有機デバイスについて研究。進路を教職にしぼっていた私にとって、わかりやすく論文を発表する機会は大きなプラスになりました。教員採用試験対策では、他学科の学生とも交流。生物や化学のほか、道徳についても勉強する機会があり、モチベーションアップ。教育実習ではポイントをしぼり、伝わる表現選びを意識しました。今は中学校の理科教員です。生徒に考えさせてから教え、「失敗から学ぶ」大切さを強調。「理科を学んだ先に何があるのか」に気づいてもらうため、本物の体験を仕掛けていきたいです。

 

※在学生についての掲載内容は2019年3月時点の情報です。