経営学部

経営学部

経営学部は、サービスを中心とした現代社会におけるイノベーションを「経済的付加価値の創造」として位置付け、マネジメント能力を基盤として、学生一人ひとりが自らの可能性に挑戦し、深い教養や専門知識、及び総合的な判断力を身につけた社会人基礎力を有し、企業や自治体等の組織を変革する能力、及び経営を担える人材を養成することを目的としています。
 

学部長からのメッセージ
理系大学の経営学部で
"いま(これから)"の経営学を学んで欲しい。

学部長の黒田です。2017年4月に経営学部を開設してから早くも5年が経ちました。
 
2021年3月には、第1期生を卒業生として送り出すことができ、2021年4月から大学院修士課程「マネジメント研究科」を開設、さらに2022年4月からは「経営学コース」、「ビジネスデータサイエンスコース」、「スポーツマネジメントコース」を設置し、定員も130名から160名となり、「理大の経営」は次なるステージへと動き出しました。
 
学生には即戦力という安易な表現ではない「本物の力」をつけてほしいと考えています。そのために、サービス業を中心とした現代のイノベーションを起こすには何が必要かを自ら考えることができる人材育成を目指して教育をおこなっています。講義では知識の修得にとどまらず、企業や自治体の抱える問題に担当者の方と取り組む課題解決型演習の「イノベーション・ラボ」を通しての知識の応用力と問題解決力の体得、そしてデータによるエビデンスに基づいた解決案の策定や提案といった、“いま(これから)“の経営学 を極めてもらいたいという思いを持っています。
 
新しい価値の創造には、文系や理系といった区別は意味を持たないと考えています。だからこそ、文系的領域のマーケティングと理系的領域のデータサイエンスの両方が学べる唯一無二な経営学部でありたいと思っています。
 
岡山は、消費者の国産志向の高まりから、岡山産のデニム生地・製品の質の良さが評価され海外での評判が高まっており、ファクトリーブランドが続々と立ち上がるなど、非常に注目を集めている地域です。
 
是非、このような伝統と新しいトレンドが混在する岡山の地で、“いま(これから)”の経営学を一緒に、私たちと真剣に学んでみませんか。皆さんのご入学を心からお待ちしております。

経営学部長 黒田 正博