生物地球学部

生物地球学部

生物地球学部は、フィールドワークを主要な教育・研究方法とし、自然のしくみ、自然環境の変遷、人間と環境の関わりの歴史に関する幅広い知識を習得させ、複雑な社会ニーズに応えうる人材の育成を目的としています。

"世界は大きな博物館"
フィールドワークを基盤に世界・宇宙を学ぶ

生物地球学部は、生物・地球・宇宙を総合的に研究・教育する学部として2012年4月に発足しました。本学部の生物地球学科の中には下記の6つのコースがあり、フィールドワークをキーワードとした多様な教育や研究を実施しています。
 
本年度は、COVID-19感染症拡大の影響もありますが、これに対する罹患リスクを下げるとともに、様々な手段を用い、研究・教育の展開を図るべく、教職員・学生が努力して歩んで行こうとしております。
 
学生の4年間の過ごし方について説明します。1年次には「生物地球概論」で学部での学びを概覧し、「野外調査法実習Ⅰ」で大学に比較的近い地域でフィールドワークを体験し、研究分野ごとの特徴を体験的に理解します。また、将来のキャリア形成について、早くから考え始めてもらい、適切な科目を履修できるように指導を受けます。2年次には「野外調査法実習Ⅱ」で少し遠くのフィールドまで出かけ、より高度なフィールドワークを行い、野外における実践的なデータ取得方法などを学びます。また、各コースの「基礎実習」で、コースの特徴についての理解を深めます。3年次には各コースが開講する発展的な「実習」があり、卒業研究の半分の4単位の時間をかけて、卒業研究の前哨戦ともなる、さらに高度なフィールドワークを体験します。また、高度な専門内容を学ぶカリキュラムとして野外博物館実習があり、附属のコアミュージアムを活かして資料収集・研究調査・教育普及活動を実践的に学ぶ体験も出来ます。また、各コースとも県外や場合によっては海外に出かける機会があり、フィールドワークのテクニックを磨き、共同生活・共同作業を通じてコミュニケーション能力を発展させます。そして、4年次の卒業研究では各教員のゼミに配属され、フィールドワークや実物を基盤とした研究を実施します。その中では対象を観察・観測し、分析することを通じて、自然や人間社会の問題点を発見し、それを解決する道筋を科学的に考える能力を培っていきます。さらには、調査ミッションを安全に遂行する「安全衛生管理能力」を培うことも、重要視し、適宜講習会を実施しています。

文部科学省の「私立大学等研究ブランディング事業」で、岡山理科大学は「恐竜研究の国際的な拠点形成」が2016年に採択され、恐竜・古生物学コースを中心として"岡山理科大は恐竜研究の大学"と呼ばれるような活発な活動を継続しています。今までも生物地球の学生数名が、モンゴル・ゴビ砂漠において恐竜化石発掘を体験しました。2018年3月にはC2号館1階に「恐竜学博物館」のメイン展示施設が開設され、2020年4月にリニューアルオープンしました。また、学内に恐竜学博物館のサテライト展示も数カ所設置され、メイン展示室とともに連日多くの見学者を集めるとともに、恐竜研究の方法やブランディング事業の研究成果を一般の方に発信しています。

その他のコースでも、地域の博物館、公民館や小中高校とともに観察会などのフィールドワーク系のイベントを行なって、いろいろな人たちと関わり合いを持つ機会を得たり、海外への調査に学生が参加したりする機会があることも本学部の特徴です。

生物地球学部では様々なフィールドワークを通じて、計画力、コミュニケーション能力、問題発見力とそれを解決する道筋を見つける洞察力、解決に向かって主体的に、協同的に、さらに科学的に対応する能力など、大学生として修めるべき様々な学士力を身に付けてもらい、社会で活躍できる有用な人材として羽ばたいてもらいたいと思っています。

生物地球学部長 富岡 直人