NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 学部生2名が日本塑性加工学会中国・四国支部第21回優秀プレゼンテーション賞を受賞!(2020年12月17日)

学部生2名が日本塑性加工学会中国・四国支部第21回優秀プレゼンテーション賞を受賞!(2020年12月17日)

2020.12.22更新学科レポート
[機械システム工学科]

 2020年12月 4日(金)に開催された一般社団法人 日本塑性加工学会 中国・四国支部 第21回学生研究発表会(対面とオンライン(ZOOM)のハイブリット開催)において、本学科4年生の清水 海翔くん(写真左、中井研究室)、梶原 彩朱加さん(写真右、寺野研究室)が優秀プレゼンテーション賞を受賞しました。まことにおめでとうございます!卒業研究も残りわずかと思いますが、より一層の成果を祈念しております!
 なお、発表タイトルは以下の通りです。
 清水くん:CFRPと金属の接着接合材の引張り特性の評価
 梶原さん:バニシング加工による純鉄丸棒表面の組織改善

学部生2名が日本塑性加工学会中国・四国支部第21回優秀プレゼンテーション賞を受賞!(2020年12月17日)

学部生2名が日本塑性加工学会中国・四国支部第21回優秀プレゼンテーション賞を受賞!(2020年12月17日)