機械システム工学科

機械システム工学科

工学部

機械工学の最先端を学び 航空や宇宙関連にも応用。 JABEE認定コースで 世界に通用する技術者に。

機械システム工学科3つのポイント

機械システムのプロとして
末永く活躍できる人材を育成
航空機と宇宙関連技術が学べる
航空・宇宙コース
JABEE認定のコース修了で
能力が世界に認証される

21世紀の産業社会では、十分な基礎力と応用力を身につけ、個々の製品の技術革新を常に意識し、末永く国際的に活躍できる機械システムエンジニアが求められています。そのためには機械工学の基礎となる学問の習得、製品やシステムを設計できる実践力、コンピュータの利用技術が必須です。1969年に機械理学科としてスタートし、2019年に開設50年を迎える本学科では、こうした力を培った上で、創造力あふれ、人と自然に優しいエンジニアを育成します。また高等機械システム(MS)コースの教育内容は、JABEEにより世界基準による認定を受けており、コース修了者は「世界に通用する技術者」として公的な認証が与えられます。

4年間の学びの流れ

数学、物理、CADなど機械工学の基礎を学ぶ

機械工学の基礎となる数学の「微分と積分」「確率と統計」や、物理学の「物理学実験」「力学」などを学び、さらにコンピュータを活用した機械製図「CAD」の技術を身につけます。「機械工学セミナー」では、機械工学の全体像を理解します。

専門知識の原点を理解する

機械(ME)、航空・宇宙(AS)、高等機械システム(MS)の各コースに用意された専門科目を学びます。また全コース共通で4系列の専門領域「設計・生産システム」「エネルギーシステム」「材料システム」「計測・制御システム」の専門科目、実習がメインの「加工学実習」「機械工学実験」を学び、専門知識の原点を理解。さらに「創造PBL」や技術者の倫理について考える科目の履修で、社会に貢献できる技術者のスピリットを養い、卒業研究のテーマに向けた準備もしていきます。

4系列の専門分野から研究室を選択

各自の希望する研究室に配属され、1年間その専門分野に焦点を絞った卒業研究を行います。各自が自主的に研究計画を立て、工学上の課題を自分たちで解決することにより、エンジニアとしての能力を高めていきます。

学ぶ領域・分野

機械工学

自動車産業をはじめとした、ほとんどの製造業で必要とされる機械工学技術の基礎原理と応用を体系的に学ぶ。まず、この分野の4つの柱となる熱力学、機械力学、流体力学、材料力学を基礎として、生産工学や機械設計などの「ものづくり」に直結する技術や、開発に必要な技術計算能力、設計に必要な製図能力を身につける。さらに技術者に必要不可欠な科学技術倫理についても学び考え、社会に貢献できる有為な技術者の能力と心を養う。

航空・宇宙工学

機械工学の重要な応用分野のひとつである航空・宇宙分野における最先端技術の一端を学ぶ。機械工学の基礎技術を身につけたうえで、航空機やロケットまわりの高速空気力学、ジェットエンジンやロケットエンジンの動作原理、航空機の運動力学のほか、宇宙ロボットについても学ぶ。ここで学習する内容と技術は、直接的には航空・宇宙分野に関連するものであるが、総合的にはすべての製造業に通じる基本的な考え方を学ぶ。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通 微分と積分線形代数
確率と統計
微分方程式
物理学Ⅰ・Ⅱ/物理学実験
力学Ⅰ・Ⅱ

数学基礎/力学基礎
フーリエ解析   卒業研究Ⅰ・Ⅱ
専門科目 共通 コンピュータ基礎機械製図Ⅰ・Ⅱ
計測工学

機械工学セミナー/加工学Ⅰ
機械材料
情報リテラシー
加工学実習材料力学Ⅰ・Ⅱ
マテリアルサイエンスⅠ・Ⅱ
熱力学Ⅰ・Ⅱ
流体力学Ⅰ・Ⅱ
機械力学Ⅰ・Ⅱ
自動制御Ⅰ
機械要素Ⅰ・Ⅱ
加工学Ⅱ
/数値計算
機械工学実験Ⅰ・Ⅱ
熱と流れ/機械設計学
精密加工学
自動制御Ⅱ
機械(ME)
コース
  メカトロニクス CAEⅠ/創造PBLⅠ
機械のデザイン
エネルギー工学
CAD/CAM
弾塑性力学の基礎
航空・宇宙
(AS)コース
  航行運動学 CAEⅡ/創造PBLⅡ
構造強度/推進エンジン
高速空気力学/ロボット工学
高等機械
システム(MS)
コース
  上記2つのコースの科目すべてから選択 機械のデザイン
CAEⅠ・Ⅱ
創造PBLⅠ・Ⅱ

その他、上記2つのコースの
科目から選択

在学生・卒業生からのMessage

在学生(4年生)

溝垣 悠河
岡山県立倉敷南高校出身

鉄やアルミ合金より軽くて強いCFRPの強度測定に取り組み、
車などの安全性向上に役立てたい。

 機械システム工学科を選んだのは、自動車に対する興味からです。自動車のカスタマイズが趣味だった父のそばで、パーツひとつで性能が変わるのを目にするうちに、自動車をはじめとするものづくりについて学びたいと思いました。

 入学後の学びで印象的だったのは、3年次に受けた「構造強度」の授業です。鉄筋コンクリートに代表される、別々の材料を混ぜて性能を高める複合材料について学習。自動車の材料として使われているものも多いと知って、深く学びたくなりました。

 そこで4年次から、中井 賢治先生の複合材料力学研究室に所属し、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)について研究しています。CFRPは同じ重さの場合、アルミ合金の5倍、鉄の10倍もの強度をもつ複合材料です。近年、飛行機や自動車に使われていますが、まだまだわかっていないことがたくさんあります。CFRPは、シート状にした炭素繊維を何層にも積み重ねて板状にすることで、衝撃に対する高い強度を実現していますが、積み重ね方によって強度が変わります。この強度測定について、データが不足しているため、積み重ね方の条件を変えて材料を試作し、実験を続けています。研究では、パソコンによるシミュレーションで最適な積み重ね方の形状を検討し、試作した材料を試験機にかけて強度を測定。CFRPの安全性向上につなげるべく研究に取り組んでいます。

 卒業後は大学院で研究を続けます。飛行機、自動車、電車、船など、さまざまなものづくりにいかされるように、温度や速度などの条件を変えて検証を続けます。

2007年3月修士課程修了

大谷 勇太
高知学芸高校出身
株式会社SKK勤務(高知県)

自由にロボット開発に没頭できたことに感謝。
試行錯誤を重ねた経験がクレーンの開発にいきています。

  自動車やバイクといったメカが好きで、ものづくりの仕事につながる機械システム工学科へ。金属を旋盤で加工し、歯車などをつくる実習は大きな魅力でした。4年次からは機械の「脳」にあたる制御について研究。「おもしろいものをつくりたい」と先生に提案し、ボディ全体をクローラで覆って、デコボコ道でも芋虫のように這って走行できるロボットを開発しました。大学院でも引き続き自由に研究できたことに感謝しています。現在の仕事は、海洋クレーンの制御システムおよび電気回路の設計です。手がける製品は橋や堤防の建設に使用されるクレーン。最大で700tを吊り上げ、67mのアームを備えるものなど、超大型のものです。作業者と接触しない自動運転など、安全性を重視した開発に注力したいです。

 

※在学生についての掲載内容は2019年3月時点の情報です。