お知らせ

NEWS&TOPICS

クック諸島で調査

2019.09.06更新学科レポート
[基礎理学科]

クック諸島で調査

 藤木研究室は、8月15日~9月3日にかけて東ポリネシア域への人類到達時期とその後の植生改変を解明するため、福岡大学と鹿児島大学と共同でクック諸島のAtiu島、Rarotonga島、Mangaia島、Mauke島の湿原で堆積物を採取してきました。泥んこになりながら4島の湿原で合計8本の湿原堆積物を採取してきました。スケジュールがとてもタイトで、調査も過酷でしたが、とにかく海と星空はとても綺麗でした。

クック諸島で調査