基礎理学科

基礎理学科

理学部

8分野にわたる知識を幅広く網羅。より実践的な学習で能力を高める。

基礎理学科3つのポイント

数学・理科に強い教員・社会人
を養成
体験重視型カリキュラム
数学・理科・情報の教員免許状が 同時に取得可能

数学、情報、物理、化学、生物、地学、環境、現代教育の8分野を学習。幅広い知識を基盤に、各分野を横断する学際的研究ができる人材や実践的指導力を備えた教員を養成します。本学科では、「総合理学コース」と「理数系教員コース」の2コースを設置し、フィールドワークとラボワークの両輪で学生の能力を高めます。中学校での模擬授業といった実践科目も豊富で、小中高の理数系教員の採用人数が多いのも特徴です。

 

4年間の学びの流れ

自然科学の基礎および専門科目を学ぶ

1年次は、数学、情報、物理、化学、生物、地学、環境、現代教育の幅広い分野の基礎を学習し、大学での学びにスムーズに移行できるよう配慮。2年次では講義、実験、実習を通して専門科目を学び、春学期末にはコースを決定します。

コースの方向性に沿った専門分野を学ぶ

2年次秋学期から「総合理学コース」「理数系教員コース」へ。演習、実験、野外実習などに取り組みます。3年次には、数学、情報、エネルギー環境、生命環境、地球環境の各分野から専門分野を決定。秋学期からは、卒業研究に向けてのプレゼミがスタートします。

研究室に所属し、卒業研究に取り組む

研究室内だけでなく、野外での実習、学外の研究者との共同研究や共同利用研究施設での実験など、研究の環境が広がり、幅広い研究力を身につけることができます。

学ぶ領域・分野

数学

純粋数学である代数学・解析学・幾何学や、確率論などの応用数学を研究する。さらに、数学教育、教材開発などに取り組む。

情報

情報システム、プログラム言語、ネットワーク、セキュリ ティ、データベース、画像処理などを、自然科学の研究 に活用する。

物理

高圧環境を作り出す技術を用いて新規デバイス材料を開発するほか、生命の不思議を研究する。

化学

化学入門的な分析化学を通して、基礎的知識を習得。生体機能を学ぶとともに、有機材料を創製する研究などに取り組む。

生物

地球環境に対する生物の適応や過去の環境変化を解明し、観察や観測の技術を習得する。

地学

地球の表層を構成する物質とその循環を研究し、観察、観測の技術を習得。惑星・太陽・恒星の観測と宇宙の理解に取り組む。

環境

酸性雨や下水など水に関する調査を通して地球環境に対する知識を深め、観察、観測の技術を習得する。

現代教育

人文・社会科学を含めた現代教育全般についての研究まで、多様な領域を網羅。理科教育を考察する。

カリキュラム(専門教育科目)

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 情報 情報リテラシー
情報リテラシーⅡ
情報システム概論Ⅰ・Ⅱ
情報化社会と倫理
ネットワークとインターネット
電子計算機概論
  卒業研究Ⅰ・Ⅱ


(理数系教員コース)
教職実践演習〈中・高〉
教職のためのプレゼンテーション
数学 基礎解析演習
微分積分学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
線形代数学Ⅰ・Ⅱ
線形代数学Ⅲ/数学要論Ⅰ・Ⅱ
計算機数学/プログラム探究
 
理科 基礎物理学Ⅰ・Ⅱ
物理学実験
基礎化学Ⅰ・Ⅱ
生命科学Ⅰ・Ⅱ
地球科学Ⅰ・Ⅱ
電気磁気学Ⅰ
分析化学/有機化学Ⅰ
地質学/化学実験
生物学実験Ⅰ・Ⅱ
地学実験/野外実践指導実習Ⅰ
 
教育 教育基礎論
学習・発達論
   
共通 基礎理ゼミ   専門英語
専門科目 情報   線形数理
ネットワークとセキュリティーⅠ
情報システムⅠ・Ⅱ
ネットワークとセキュリティーⅡ
情報と職業
計算機とアルゴリズムⅠ・Ⅱ
コンピューターとプレゼンテーション
数学   解析学Ⅰ・Ⅱ/代数学Ⅰ
数学要論Ⅲ/確率・統計Ⅰ・Ⅱ
解析学続論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
代数学Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
幾何学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
エネルギー
環境
  力学 光量子科学
エネルギー環境科学
電気磁気学Ⅱ
生命環境   動物生理学/遺伝学
有機化学Ⅱ/分子生物学
生物化学/物理化学
植物生理学
地球環境   宇宙科学Ⅰ/鉱物科学
環境地球化学/生態学
環境科学/水環境科学
宇宙科学Ⅱ/環境地質学
コース専門科目 理数系
教員コース
  教職基礎演習
教職のための数学Ⅰ
現代教育Ⅰ
数学教材開発指導
授業実践演習
教職のための数学Ⅱ・Ⅲ
理科教材開発指導
教職のための物理・化学・生物・地学
現代教育Ⅱ/野外実践指導実習Ⅱ
総合理学
コース
  自己実現プログラムⅠ 自己実現プログラムⅡ
エネルギー環境科学実験
環境化学実験
地球科学実験/生物科学実験
自然科学探求ゼミナール
数学探求ゼミナール
現代教育探求ゼミナール
※卒業には124単位を修得(うち基盤教育科目より34単位)が必要です。
履修モデルはこちら

在学生・卒業生からのMessage

在学生(4年生)

田村 一恵
岡山県立総社南高校出身

大学での経験と学びを大切に 理科の魅力を伝えられる教員へ。

 高校生の時から理科と数学が大好きで、両方の科目の教員免許を取得することができる基礎理学科を志望しました。所属する高圧科学研究室では、熱エネルギーを電気エネルギーに変換する熱電変換材料について研究中。

 日々の実験では、マグネシウムなどの粉末を混ぜて、圧力や温度、時間に変化をつけてさまざまな条件で加熱を行います。条件が変わるたびに物質の性質も変わり、観察していてとてもわくわくします。カーボンニュートラル社会の実現に向けて議論される最先端の研究に取り組むことで、学ぶ姿勢がより能動的になったと日々実感しています。

 4月からは、夢だった中学校理科の教諭として勤務する予定。理大で学んだ理科や数学、教育、情報などの幅広い知識をいかし、子どもたちに理科の面白さを伝えていきたいです。

2016年3月卒業

福田 吏紗
広島県立広島井口高校出身
廿日市市立四季が丘中学校勤務(広島県)

実習や実験を通して理科の心構えを習得。
生徒に身近なものと理科の関連を教えたい。

 中学で理科を教わった先生は、岡山理科大学の出身。実験が多く、教え方も丁寧でわかりやすく憧れでした。その先生から「理科と数学の免許状がとれる」と薦められ、基礎理学科に進学。印象に残っている授業は「野外実践指導実習」です。夏の大三角を観測したり、ウニの受精卵の細胞分裂を観察したりしました。

 卒業研究は岡山城でのフィールドワークが中心。内堀の水質に悪影響を与える栄養塩を、ヒシという植物が吸収するという仮説を立て、水質を調査しました。
 中学校で理科を教える現在、実験を積極的に採り入れ、生徒に身近なものと理科の関連を伝えることは大きな目標です。実験の心構え、考察の重要性など、大学で教わったことを胸に、理科が好きな生徒を増やしたいと考えています。

※在学生についての掲載内容は2022年3月時点の情報です。