NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 今治市職員と本学部教職員・学生ボランティアにより特定外来生物の駆除をおこないました

今治市職員と本学部教職員・学生ボランティアにより特定外来生物の駆除をおこないました

2018.06.29更新学科レポート
[獣医学科]


 平成30年6月14日に、今治市の環境政策課、公園緑地課、道路課、用地管理課など6課の職員およそ25名と共同で本学獣医学部獣医教育病院を約100mほど下った道路両側に群生していた特定外来生物「オオキンケイギク」(下図左)の駆除が行われました。その駆除作業に、本学獣医学科並びに獣医保健学科の学生有志39名と教員2名が、ほぼ1時間にわたる作業にボランティアとして加わって協力を行い、作業を無事終えることができました。オオキンケイギクは、北アメリカ原産で、5-7月頃橙黄色のコスモスに似た花を咲かせますが強靭であり、在来種を駆逐する可能性があるとして平成18年2月に環境省により特定外来生物に指定されたものです。

今治市職員と本学部教職員・学生ボランティアにより特定外来生物の駆除をおこないました