生命医療工学科

生命医療工学科

工学部

医療機器の「開発」と「使用」両面を学び、 チーム医療に貢献する人材育成へ。

生命医療工学科3つのポイント

工学と医学・生物学の
融合領域を幅広く学ぶ
工学、医学の基礎知識から
最先端の研究開発までを学ぶ
臨床工学技士として、
医療の現場で活躍できる

人類の健康と福祉の増進に貢献する人材には、医師や看護師、薬剤師、理学療法士といった、医療の専門職は欠かせません。しかし、医療の現場で、今もっとも求められるのは、医学、工学両方の専門知識をあわせ持ち、高機能、高性能の医療機器・装置の開発、設計やこれらの導入、使用に対応できるエンジニアです。本学科では、こうした現在の医療ニーズに即した人材を養成するため、医学・生物学と工学の融合領域を広く学び、人工臓器や超音波診断装置といった医療機器の「開発」と「使用」両面について習得。近年注目の再生医療に関連する技術の開発や基礎研究について学び、工学的問題解決能力を身につけます。産学連携にも積極的に取り組み、医療機器を操作する専門職である臨床工学技士の資格取得を目標とするカリキュラムを用意。最新医療機器にいち早く対応し、チーム医療に貢献できる人材の育成をめざしています。

4年間の学びの流れ

基礎を学びながら、進路選びの準備を進める

理学、工学、医学に関する基礎的な科目を学びます。これらの学習を通して、2年次でのコース選択や、将来の研究分野、進路選びの準備をしていきます。

生体工学、臨床工学、再生医療の3コースから選択

将来の目標に応じて「生体工学コース」「臨床工学コース」「再生医療コース」を選択し、それぞれの専門分野を学習します。

卒業研究に取り組む/国家試験に向けて準備

生体工学・再生医療コースでは、各自のテーマに応じた卒業研究に取り組みます。
臨床工学コースでは、病院実習を経験しながら臨床工学技士国家試験受験に向けた準備を進めます。

学ぶ領域・分野

生物・化学

遺伝子、たんぱく質、医薬について学習。重大な疾患の原因や治療方法などを学ぶ、人の健康に役立つ知識を身につける。

機械・材料

力学の基礎知識のほか、からだや器官、組織の仕組みを習得。人工臓器やその材料についても知識を深める。

電気・電子・情報

医療機器に関わる電気・電子工学や情報工学について基礎から学習。手術ロボットなどについても学ぶ。

環境

人を取り巻く環境の評価と保全、環境汚染物質の調査や、生物や化学の力を使った無害化について学ぶ。

臨床工学

生体医工学の基礎知識の習得と実習を受け、臨床工学技士の国家資格取得をめざす。

再生医療

生体組織や臓器の再生に必要となる分子生物学・生命工学・細胞操作技術などを講義、実験を通して学ぶ。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 応用数学Ⅰ・Ⅱ
基礎物理学/基礎化学
情報処理工学Ⅰ・Ⅱ
物理学実験
化学実験/生物学実験
    卒業研究Ⅰ・Ⅱ
特別研究

臨床工学特別講義Ⅰ・Ⅱ
基礎医学実習
臨床実習Ⅰ・Ⅱ
看護学概論
臨床医学総論Ⅲ・Ⅳ
専門科目 共通 生理学/解剖学
生化学
免疫学/公衆衛生学
電気工学Ⅰ・Ⅱ
電気工学演習
材料工学
物性工学
薬理学/病理学概論
関係法規/医学概論
電子工学/電子工学演習
計測工学
生体計測装置学Ⅰ・Ⅱ
診断機器概論/情報処理演習Ⅰ・Ⅱ
生命工学実験Ⅰ・Ⅱ
機械工学/治療機器学
人工臓器Ⅰ・Ⅱ
生命医療工学概論
臨床医学総論Ⅰ・Ⅱ
人工臓器Ⅲ
ゼミナール
生体工学
コース
  応用力学 バイオメカニクス
システム工学
生活環境学/医用安全工学Ⅰ・Ⅱ
臨床工学 コース     生体機能代行装置学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
医用治療機器学実習
医用生体計測装置学実習
医用機器安全管理学実習
再生医療
コース
  分子生物学 細胞生物学
応用生命工学
再生医療工学
再生医療工学実験
専門関連科目   工業デザイン  
上級科目 上級数学Ⅰ・Ⅱ    

在学生・卒業生からのMessage

医学と工学の両方を学べる。臨床実習で魅力とやりがいを再確認。

 幼い頃から医療と工学の分野に興味を持っていました。しかしその夢は漠然としていて、進路に悩んでいたところ、岡山理科大学の生命医療工学科なら医学と工学の両方を学べると知り進学を決断しました。

 今は「臨床工学コース」を専攻し、臨床工学技士の資格を取得するために勉学に励んでいます。医学と工学を専門的に学ぶため、1年次には物理や生物を学べるカリキュラムを選択しました。基礎科目から学ぶことができるので、文系出身者や理数系科目に苦手意識を持っている人も、医学・工学の道に挑戦しやすいのも魅力です。
学科での専門的な学びのほか、理大ではさまざまな留学プログラムが用意されているなど、いろいろなことに挑戦できるので充実した学生生活を送ることができます。自分自身、そうした経験を通じて留学生の友だちがたくさんできました。
 自分の将来像を明確にすることができ、貴重な経験ができた4年間でした。

在学生(4年生)

赤木 伽帆
岡山県立笠岡高校出身

人工心肺装置などを扱う難しさを実習で実感。
臨床工学技士としてスキルアップし続けたい。

 この学科を選んだのは大学のオープンキャンパスに参加し、心臓手術に不可欠な人工心肺装置を扱う臨床工学技士になりたいと考えたからです。実習の授業では、医療機器を自分で操作することの難しさを痛感し、繰り返し練習。病院実習では人工心肺装置を要する場面に立ち会い、医師と臨床工学技士の緊迫したやりとりを目の当たりにして、命を預かる使命の重さを感じました。

 今の職場では人工心肺、心血管カテーテル、不整脈デバイスの業務を担っています。患者さんが退院される姿を見るとき、医療機器について医師や看護師に説明して「助かります」と言ってもらえるときに、やりがいを感じます。体外循環技術認定士の資格を取得し、人工心肺に関する力量をさらに高めるのが今後の目標です。

2012年3月卒業

草野 公史
長崎県立猶興館高校出身
佐世保市総合医療センター勤務(長崎県)

※在学生についての掲載内容は2020年3月時点の情報です。