お知らせ

NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 第22回市民公開講座に48名が来場/「犬と猫の寄生虫症」「ロコモティブシンドローム」を学ぶ<今治>

第22回市民公開講座に48名が来場/「犬と猫の寄生虫症」「ロコモティブシンドローム」を学ぶ<今治>

2022.10.27更新理大レポート

 2022年10月22日(土)14時より、今治キャンパス大講義棟において「第22回市民公開講座」が開催され、48名が来場しました。
 今回の市民公開講座は獣医学科深瀬徹教授による「犬と猫の寄生虫症-犬糸状虫の予防とノミ、ダニ対策を中心に-」と獣医学科伊豆弥生教授による「寝たきりを防ぐ-ロコモティブシンドロームって何?-」2演題。身近な問題がテーマとあって、来場者は熱心に聞き入っていました。
 今治キャンパスでは今後も市民公開講座を開催しますので、ぜひご来場ください。
 
<今後の予定>
■第23回市民公開講座
日時:2022年11月6日(日)14時~
定員:50名
参加費:無料(要予約/申込受付終了)
「ペンギンは海でなにを食べているのか?~海鳥の生態と特徴~」(ペンギン会議主任研究員 上田一生氏)
 
■第24回市民公開講座
日時:2022年12月17日(土)14時~
定員:50名
参加費:無料(要予約/11月1日(火)~25日(金)の期間でインターネット・郵便・ファックスのいずれかで申込)
演題1:「『むくみ(浮腫)』はどうして起こるのだろうか?:体液の分布や移動様式から考えてみよう」(獣医学科水野理介教授)
演題2:「温度・血流・痛み~皮膚血流の働き~」(獣医学科斉藤真也教授)

第22回市民公開講座に48名が来場/「犬と猫の寄生虫症」「ロコモティブシンドローム」を学ぶ<今治>

第22回市民公開講座に48名が来場/「犬と猫の寄生虫症」「ロコモティブシンドローム」を学ぶ<今治>