NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 中国学生弓道で建築学科の藤田選手が見事、優勝!

中国学生弓道で建築学科の藤田選手が見事、優勝!

2022.05.17更新理大レポート [岡山キャンパス]

中国学生弓道で建築学科の藤田選手が見事、優勝!

中国学生弓道大会で初優勝した藤田香実選手

 山口県で2022年4月30~5月1日に行われた「第55回中国学生弓道競技大会」の個人戦で、工学部建築学科3年の藤田香実選手が初優勝を果たしました。団体戦で岡山理科大学は3位の成績でした。

 藤田選手は高校1年から弓道を始め、理大弓道部でも2021年10月の「第67回中四国学生弓道選手権大会」の個人戦で優勝するなど、持ち前の実力をいかんなく発揮しています。
 今大会には、理大はじめ島根大学、岡山大学、山口大学、岡山商科大学などから101人の選手が出場。藤田選手は「速い動作にならないよう、普段通りに弓を引くことに気を付けました」といい、ほぼイメージ通りに的中させて見事、栄冠を勝ち取りました。

 「2回目の出場だったので、うれしいというより安心したという気持ちが強かったです」と藤田選手。「今度は団体でも優勝したいです」と力強く話してくれました。

中国学生弓道で建築学科の藤田選手が見事、優勝!

団体戦では3位の成績でした