NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 岡山市との包括的な連携に関する協定の締結式を行いました

岡山市との包括的な連携に関する協定の締結式を行いました

2021.08.31更新理大レポート [岡山キャンパス]

岡山市との包括的な連携に関する協定の締結式を行いました

 岡山理科大学、岡山商科大学、就実大学、吉備国際大学、山陽学園大学、中国学園大学および環太平洋大学の7大学は、8月30日岡山市役所にて岡山市との包括的な連携に関する協定の締結式を挙行しました。

 岡山市大森市長は「他の地域の首長もうらやむほどの多くの高等教育機関が岡山市内にある。それぞれが保有する知的・人的資源を活用し、相互に連携協力して、地方創生に向けた地域社会の発展及び人材の育成に推進したい」と挨拶。
 岡山理科大学柳澤学長は「昨年創設した建築歴史文化研究センターにおいて、文化財を利活用した地域の活性化への貢献、子供たちへ科学の楽しさを伝える活動として出前事業や恐竜学博物館などを活用した取り組み、今年で21年目を迎えるOUSフォーラムなどによる産官学連携協力に関する取り組みなどを推進していきたい」と述べました。