NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 6月21日からの授業等の対応について(岡山キャンパス)

6月21日からの授業等の対応について(岡山キャンパス)

2021.06.18更新重要なお知らせ

令和3年6月17日
岡山キャンパスの学生の皆さん
教育推進機構長 秦 敬治
学生支援機構長 森 嘉久
 
 
6月21日からの授業等の対応について
 
 
 6月17日に沖縄県を除く9都府県の緊急事態宣言の解除を政府が決定し、本学の学生が主に通学する岡山県、広島県も解除されることとなりました。岡山県につきましては、最近の新型コロナ感染者数も一桁の日が続いており、随分と落ち着いてきました。また、7月下旬からは本学でのワクチン接種も始まる予定です。
 以上のような状況を鑑み、6月21日からの授業については、春学期に対面授業での実施を予定していたもの全てについて対面授業に戻すようにいたします。
下記に授業及びキャンパス内での対応や正課外活動等について記しますので、必ず一読し、対応してください。
なお、岡山県では緊急事態宣言は解除されましたが、一部学生が通学している兵庫県は、まん延防止等重点措置区域に指定されているとともに、インド型変異株(デルタ株)の全国的拡大も懸念されていますので、学生の皆さんはキャンパス内外に関わらず、これまで通り、感染予防には注意を払いながら行動してください。
今後の対応に変化が生じる場合は、あらためて通知いたします。
 
 
1.授業に関する対応
 1)今年度当初に春学期に対面授業を予定していた授業については、6月21日からの授業を対面で行います。ただし、一部の授業でオンライン授業を当面行う場合があります。その場合、受講学生にはmylogを通じて授業担当教員から通知がありますので、必ずmylogを確認してください。
 2)学生の皆さんが感染予防や体調不良等で登校できない場合は、担当教員に連絡をしてください。その際、教員は対面以外の方法で学生が授業を受講するための配慮を必ず行うこととなっていますので、安心してください。担当教員と連絡が取れない場合等は教務課に相談してください。
 
2.キャンパス内での対応や正課外活動等について
1)講義前やゼミ室内で、「毎日健康チェック」を行ってください。
2)講義室の換気など、新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインを徹底してください。
3)自身も含め、感染の不安や体調不良などの情報があれば必ず大学に連絡を入れてください。
4)部・サークル活動などの課外活動は、学生支援センター長から発信された『6月21日(月)以降春学期の正課外活動について』の告知に基づいて活動が許可されます。
5)不要不急な県外との往来を避けるように要請されていますので、厳守してください。
6)学内で感染拡大のリスクが高いのは、講義中よりも食堂やコンビニ等であることを理解し、混雑する時間帯を避けた利用と、黙食及び食後の素早い退出を心掛けてください。
以上