NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 中国新聞のオピニオン欄で札埜准教授が平和教育の在り方に一石

中国新聞のオピニオン欄で札埜准教授が平和教育の在り方に一石

2021.03.19更新メディア掲載 [岡山キャンパス]

 教育学部中等教育学科の札埜和男准教授が、2021年3月16日付の中国新聞・オピニオン欄「今を読む」に登場し、「『笑える』平和教育」と題して、平和教育論を展開。「今の平和教育は事実を見ようとするあまり、人間が見えなくなっている」「つらさ100パーセントではなく、1パーセントでも心緩む時間があれば、生徒たちも事実を受け入れやすくなる」という、知人らの声を紹介しながら、平和教育の在り方に一石を投じる内容となっています。