NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 生物地球学部の学生たちの企画展を山陽新聞が紹介 12月23日から展示スタート

生物地球学部の学生たちの企画展を山陽新聞が紹介 12月23日から展示スタート

2020.12.22更新メディア掲載 [岡山キャンパス]

生物地球学部の学生たちの企画展を山陽新聞が紹介 12月23日から展示スタート

展示の準備をする生物地球学部の学生たち

 恐竜・古生物学を学ぶ生物地球学部の学生たちが企画した「Re:大恐竜展 #鳥は恐竜です!」が12月23日、岡山市北区の環境学習センター・アスエコで始まるのに合わせて、22日付の山陽新聞朝刊・岡山市民版に、準備風景などを紹介する記事が掲載されました。同展は来年3月31日まで開催され、恐竜の化石模型や鳥類のはく製など約30点の資料を展示、恐竜から現代の鳥類への進化の道筋がたどれるような構成です。
 
 記事の見出しは「恐竜~鳥類 進化探ろう/あすからアスエコ 岡山理大生が企画展/化石模型剥製30点/楽しさ工夫 ゲーム感覚」。
 学生の一人は紙面で「分かりやすく面白い展示をみんなで工夫した。多くの人に恐竜をもっと身近に感じてもらいたい」と話しています。

 同展の詳細はアスエコのホームページをご覧ください。