NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 臨時休校の子どもたちに自宅で楽しく恐竜を学んでほしい 特別サイトに石垣教授も協力

臨時休校の子どもたちに自宅で楽しく恐竜を学んでほしい 特別サイトに石垣教授も協力

2020.03.17更新理大レポート

 新型コロナウイルス感染症の影響で一斉臨時休校となっている小中学生に自宅で楽しく学習してもらおうと、岡山県の教育関係機関が連携して、県生涯学習センターのホームページに特別サイト「OKAYAMA・おうちLab.」を開設しました。

 そのコンテンツ制作のため3月16日、県教員委員会のスタッフが本学の恐竜学博物館を訪れ、石垣忍館長(生物地球学部教授)を取材しました。
 石垣館長は、肉食恐竜の「アロサウルス」、草食恐竜の「エドモントサウルス」の歯の仕組みや違いについて10分間にわたってビデオカメラの前で説明。「この機会に子供たちは学校では学べないことを見たり、聞いたりして自然に興味を持ってほしい」と期待を込めて話しました。
 科学する心は子どもたちにきっと伝わるはずです。

OKAYAMA・おうちLab.

臨時休校の子どもたちに自宅で楽しく恐竜を学んでほしい 特別サイトに石垣教授も協力

アロサウルスの説明をする石垣館長

臨時休校の子どもたちに自宅で楽しく恐竜を学んでほしい 特別サイトに石垣教授も協力

エドモントサウルスについて話す石垣館長