NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 小中学生109人が研究成果競う 理大で「岡山県児童生徒科学研究発表会」

小中学生109人が研究成果競う 理大で「岡山県児童生徒科学研究発表会」

2019.12.01更新理大レポート [岡山キャンパス]

小中学生109人が研究成果競う 理大で「岡山県児童生徒科学研究発表会」

県教育長賞を受賞した(右から)片岡さん、三宅さん、田中さん

 岡山県内の小中学生の自然科学に関する研究の中から選抜された優秀な研究を集めて「第69回岡山県児童生徒科学研究発表会」が12月1日、岡山キャンパスで開催されました。小学生79、中学生30の計109点の研究発表があり、22点に特別賞が贈られました。
 また、倉敷市立連島北小2年、佐々木葵咲さん▽津山市立弥生小4年、長谷川航平さん▽倉敷市立中州小6年、金井咲紀さんの研究が、「第56回全国児童才能開発コンテスト」(才能開発教育研究財団主催)科学部門に推薦されることになりました。
 
 県科学教育研究会と県小学校・中学校教育研究会理科部会が主催。研究発表はC1号館とA1号館の計11教室を使って行われ、子どもたちが独自の視点で取り組んできた研究の成果を、一人10分間でプレゼンテーション。発表が終わる度に、見守っていた父母らから拍手が沸き上がりました。
 理大の理学部基礎理学科と教育学部初等教育学科の学生約20人も運営を手伝いました。
 
 特別賞のうち「県教育委員会教育長賞」受賞の研究題目と発表者は次の通りです。(敬称略)
【県教育委員会教育長賞】
「うなぎのエサの取り方研究」=片岡真緒(高梁小4年)、「見えない風を見てみよう part3」=三宅樟和(荘内小5年)、「蚊の吸血による研究2019」=田中恵利子(勝北中3年)

 他の特別賞の受賞者は次の皆さんです。(敬称略)
【仁科賞】前嶋唯奈(御南小1年)、遠藤佑樹(里庄西小4年)、長谷川みな海(弥生小6年)、清水悠貴(常盤小6年)、長谷川隼平(北陵中2年)、片山史奈(加賀中3年)
【山陽技術振興会長賞】小林杏衣梨(本荘小1年)、長岡璃樹(吉備高原小4年)、山本樹凛(中央小6年)、山水健之介(児島中1年)
【県PTA連合会長賞】三宅遼果(荘内小3年)、高見真央(高梁小6年)、中尾理乃(作東中2年)
【県科学教育研究会長賞】佐々木葵咲、蔵本聡太(北川小2年)、長谷川航平、槌田圭吾(妹尾小3年)、金井咲紀、後藤弘暉(岡山大学附属中2年)

小中学生109人が研究成果競う 理大で「岡山県児童生徒科学研究発表会」

開会式の会場は参加者や家族らでぎっしり埋まりました

小中学生109人が研究成果競う 理大で「岡山県児童生徒科学研究発表会」

子どもたちの独自の視点が光った研究発表

小中学生109人が研究成果競う 理大で「岡山県児童生徒科学研究発表会」

力のこもった発表に参加者は聞き入りました