NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • うわ、でかい!! 世界最大級の恐竜足跡化石のレプリカ展示

うわ、でかい!! 世界最大級の恐竜足跡化石のレプリカ展示

2019.10.25更新理大レポート [岡山キャンパス]

うわ、でかい!! 世界最大級の恐竜足跡化石のレプリカ展示

岡山キャンパスにお目見えした恐竜足跡化石のレプリカ

 岡山理科大学とモンゴルの共同調査隊が2016年から翌年にかけてゴビ砂漠で発見した世界最大級の恐竜足跡化石(長さ約106cm)4個のうち、1個のレプリカが10月25日、岡山キャンパスにお目見えしました。東京で開催されていた「恐竜博2019」(7月13日~10月14日)で展示されていたものを譲り受けました。
 
 展示場所はA1号館1階のエントランスホールで、既に展示されているタルボサウルスの全身骨格標本(全長約10m)と並んで、来館者の注目を集めそうです。
 
 足跡化石は2016年8月に一つが見つかり、2017年に学生と教員がモンゴルの人々と力を合わせてその続きを発掘。新たに3個、合計4個が連続した歩行の跡として発見されました。発見されたものは足跡の凹みに砂が入って固まった「足型」の化石でした。
 恐竜足跡化石が専門の石垣忍教授(生物地球学部)によると、首と尾の長い大型植物食恐竜「竜脚類」の足跡とみられ、全長は30mぐらいになるだろうとのことです。一連の歩行の跡が見つかったことで、超大型恐竜の歩き方や爪の動き、歩行速度といった生態の推定が可能になりました。
 
 石垣教授は「この足跡の長さを4倍すると後ろ足の長さになります。それをもとに体全体の大きさを想像してほしいと思います。首が(A1号館の)2階に突き抜け、尾の先は建物の入り口に達します。この足跡は『そんな生き物が本当に歩いていた』という地球のメッセージです」と話しています。
 

うわ、でかい!! 世界最大級の恐竜足跡化石のレプリカ展示

「4個のうちのこれです」と指し示す石垣教授

うわ、でかい!! 世界最大級の恐竜足跡化石のレプリカ展示

竜脚類の復元図