NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 柴原名誉教授に瑞宝中綬章 「錯体化学」の発展に大きく貢献

柴原名誉教授に瑞宝中綬章 「錯体化学」の発展に大きく貢献

2019.05.22更新理大レポート [岡山キャンパス]

柴原名誉教授に瑞宝中綬章 「錯体化学」の発展に大きく貢献

 2019年春の叙勲で、岡山理科大学の柴原隆志(しばはら・たかし)名誉教授が、瑞宝中綬章(教育研究功労)を受章することになりました。伝達式は5月28日に行われます。
 
 柴原名誉教授は、化学工学、環境化学、医学など多くの領域に関連する「錯体化学」の分野で、金属イオンをつなぎ合わせる硫黄の性質に注目。人間や他の生物の生命維持に欠かせない金属元素のモリブデンが硫黄によってつながった構造をもつ新しい化合物を、独創的な手法で創り出すことに成功されました。
 
 さらに、それらの化合物群の構造と性質を合わせて研究する手法によって、独自の研究分野を開拓されました。その成果として、新しい反応を数多く発見し、錯体化学の発展に大きく貢献。学術論文誌に153篇もの論文(英文)を発表しておられます。その功績により、日本化学会学術賞 (1995年)、錯体化学功績賞 (2015年)を受賞されています。これらの研究成果は国際的に高い評価を受けるとともに、多くの研究者がこの分野の研究に参加するきっかけとなりました。
 
 受章にあたって、柴原名誉教授は「私の研究・教育の場であった岡山理科大学に感謝し、研究に励んでくれた研究室の卒業生諸君とともに、このたびの受章を喜びたい」と述べておられます。
 
 柴原名誉教授は1974年に理学博士号を取得(大阪市立大学)、同年英国リーズ大学博士研究員、1976年大阪市立大学理学部研究員、1978年岡山理科大学講師、1986年岡山理科大学教授を経て、2014年から岡山理科大学名誉教授。