NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • タルボサウルス公開に300人 シンポジウムも熱気に包まれ

タルボサウルス公開に300人 シンポジウムも熱気に包まれ

2019.03.03更新学内トピックス

 生物地球学部の学生が卒業研究で全身骨格を組み上げた「タルボサウルス」(レプリカ、全長約10m、高さ約2.8m)が3月2日、岡山キャンパスA1号館で公開され、県内外から家族連れら約300人が訪れ、間近で見る迫力に歓声を上げました。また、同日開かれた若手恐竜研究者4人によるシンポジウムには約200人が参加。講演と会場からの質問に答える形で進行し、会場は大いに盛り上がりました。
 
 タルボサウルスはA1号館地階のサイエンス・ドリーム・ラボ(工作センター)で公開。大阪府から家族で駆け付けた中学1年、西村希(のぞみ)さんは、ディズニー映画「ダイナソー」を見てから恐竜のとりこに。「分からないところが面白い」といい、入門書を読むなどして独学で勉強しています。「将来は恐竜を研究したい」と目を輝かせていました。
 タルボサウルスはこの日だけの限定公開で、3月中旬からはA1号館1階のエントランスホールで公開します。
 

 

 シンポジウムはC1号館8階の理大ホールで開催。筑波大学の田中康平助教、理化学研究所の平沢達矢研究員、理大の千葉謙太郎助教、東京大学の久保泰特別研究員が登壇し、最新の恐竜研究について講演しました。
 
 続いて、講師陣に「好きな恐竜は?」「ティラノサウルス、タルボサウルスの手が小さいのはなぜ?」「発掘された時に首がそっている恐竜が多いのはなぜ?」などの質問が寄せられ、軽妙な受け答えに会場は笑いの渦に包まれました。
 「どうしたら古生物学者になれる?」との問いには「生物系と地質系のどちらからでも可能だが、学生のうちは野外活動に出る地質系からがいいのでは」「英語で論文を書いたり、読んだりするので英語はしっかり勉強した方がいい」などのアドバイスがありました。

 

タルボザウルスの骨格に見入る家族連れ

記念写真を撮る広島県から訪れた親子連れ

シンポジウムの冒頭に挨拶する理大の柳澤康信学長

若手研究者の話に聞き入る参加者ら

参加者の質問に答える(左から)久保氏、平沢氏、司会の林昭次・理大講師、田中氏、千葉氏

閉会の挨拶をする石垣忍・理大教授