学生支援

学生支援

学生支援の基本方針

ひとりひとりの学生が持つ能力を引き出し、技術者として社会人として社会に貢献できる人材を育成するための環境を整備し、入学手続き後から卒業までの期間を通じて修学面、生活面、進路面など様々な方面から学生を支援する体制を構築する。

就職支援

本学のキャリア支援センターでは学生が希望をもって社会へ巣立ってゆけるよう、綿密なキャリア支援活動を実施しています。新入生から4年次生まで、各年度に応じた様々なガイダンスやセミナーなどを配置し、タイムリーな情報提供を行うと共に、各学科の就職担当教員と協力して、全学を挙げた就職支援を行っています。

特に、3年次末に行われる合同業界研究会は、約300社の協力を得て、多くの学生の業界研究に貢献しています。 また、近畿・中国地区に就職連絡事務所を設置して企業との密接な連携を図り、進路開拓に大きな効果を上げています。

学生支援推進プログラム

本学の就職支援の取り組みが、文部科学省の平成21年度「大学教育・学生支援推進事業」学生支援推進プログラムに採択されました。

 

教育支援

学習支援センター

普通科や工業科、商業科など、どのような高等学校から入学された皆さんも安心して学習できるよう支援する教育相談室が学習支援センターです。専任の指導員がいつでも学生諸君からの質問や相談に応じています。教科は、数学(情報)・理科(物理・化学・地学・生物)・英語です。

大学コンソーシアム岡山:

岡山県内の15大学が教育による地域の活性化を目的とし、産学官連携方式によるコンソーシアムを結成し、相互協力を行っています。加盟大学で受講できる300以上の科目と、独自に開講している5科目が、単位互換科目として提供されています。地域で学生を育てる試みに期待が集まっています。

資格取得支援

各種の資格取得を目指す学生の支援を目的として、教職・学芸員センターと教育企画課を設置しています。教員免許状の取得のみならず、教員採用試験合格へ向けてのきめ細かい支援を行い、高い実績をあげています。理系の特色である博物館学芸員資格取得についても手厚い支援を行っています。他に、情報処理技術者試験や公務員試験対策講座の開設も行っています。また、各学科でも関連資格の取得に向けて独自の取組を積極的に実施しています。例えば、臨床工学技士、臨床検査技師、電気通信主任技術者、社会調査士、情報処理技術者などの国家資格の取得への対応を行っています。

ユニークな教育プログラム「科学ボランティア」

科学教室や工作教室などでのボランティア活動を通して、コミュニケーション力や問題解決力などを習得するユニークな教育プログラム、 「理科大学発!科学ボランティアリーダー」が、文部科学省の平成20年度の「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」に採択されました。 このプログラムでは、体験活動を含むプロジェクト型学習を中心とするカリキュラムが用意され、将来、地域の科学振興にも貢献できる 「科学ボランティアリーダー」の養成をめざします。