カリキュラムポリシー(総合情報学部)

カリキュラムポリシー(総合情報学部)

 教育目標を達成するためのカリキュラムは、教養教育科目、外国語教育科目、基礎科目、共通情報科目、共通数学科目と各コース専門科目そしてリメディアル講座と卒業研究から構成されている。

 1年次には、情報科学を学ぶための導入科目でもある基礎科目6科目(9単位)、共通情報科目19 科目(38単位)、共通数学科目14 科目(28 単位)が主に配置され、8科目の必修科目を設けることで、上級年次での専門科目受講のための橋渡しとしている。1年次秋学期から、各コース専門科目は10 科目(20 単位)が配置されており、2年次までの科目は興味のある科目を自由に履修することができる。3年次以降はデジタルメディアコース、Web モバイルコース、ビッグデータコース、情報数学コースの4コースから選択したコースの科目を中心に履修し、専門性を高める。

  • 専門科目を学修する上で必要な基礎的な科目として、共通情報科目と共通数学科目を1年次から配置している。特に各種の入試制度を通して入学する学生が4年間勉強していけるように、1年次の必修科目は入学時の全学で実施される学力多様化度調査に基づきクラス分けを行い、多クラス開講を行っている。どのクラスにおいても教育効果を一定以上に保てるように、シラバスと教科書は共通にしている。教育にあたっては講義に能動的学修の方法を適切に取り入れ知識・理解の定着を図る。これらの科目については客観的な知識・理解の指標に加えて学修の成果物等を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
  • デジタルメディアコース科目として、デジタルメディアに関する知識や方法論を学ぶ科目を1年次秋学期から3年次にかけて体系的に配置している。教育にあたっては講義に能動的学修の方法を適切に取り入れ知識・理解の定着を図る。これらの科目については客観的な知識・理解の指標に加えて学修の成果物等を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。 
  • Web・モバイルコース科目として、Web・モバイルについての情報科学に関する知識を学ぶ科目を1年次秋学期から3年次にかけて体系的に配置している。教育にあたっては講義に能動的学修の方法を適切に取り入れ知識・理解の定着を図る。これらの科目については客観的な知識・理解の指標に加えて学修の成果物等を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
  • ビッグデータコース科目として、知識を発見または活用するために大量のデータを処理する知識や方法論を学ぶ科目を2年次から3年次にかけて体系的に配置している。教育にあたっては講義に能動的学修の方法を適切に取り入れ知識・理解の定着を図る。これらの科目については客観的な知識・理解の指標に加えて学修の成果物等を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
  • 情報数学コース科目として、解析学、代数学、幾何学、確率・統計学等数学科目を2年次から3年次にかけて体系的に配置している。教育にあたっては講義に能動的学修の方法を適切に取り入れ知識・理解の定着を図る。これらの科目については客観的な知識・理解の指標に加えて学修の成果物等を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
  •  大学で共通に開講される人文学、社会科学、健康科学等の一般教育科目を配置し、社会人として必要な教養を身につけさせる。これらの科目については客観的な知識・理解の指標を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
  • 大学で共通に開講されるキャリア科目に加え、学科の共通基礎科目に含まれる「情報関連法学」、「情報社会論」及び「情報と職業」と「卒業研究」を通して社会と主体的・協働的に関わり、社会人として必要とされる知識・技能及び倫理観を身につけさせる。これらの科目については客観的な知識・理解の指標を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
  • 大学で共通に開講される総合英語や発信英語に引き続き、情報科学分野でのコミュニケーションに必要な英語を継続的に学修するために、専門英語を3年次に配置する。その他の外国語科目は大学共通で開講される。これらの科目については客観的な知識・理解の指標を総合的に評価することに加え外部の評価テストの状況なども参考に教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
  • 大学で共通に開講されるプロジェクト科目に加え、情報科学に関連する資格取得、教員免許取得に対応する科目を配置する。これらの科目については客観的な知識・理解の指標を総合的に評価することに加え、資格取得状況により教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。

 社会情報学科(平成29年4月募集停止)
  • 「情報基礎科目」の上に「情報処理」、「経営・経済」、「法政・社会」、「歴史・文化」の4つのコースを設けている。幅広い知識と視野を身につけるために、どのコースのどの科目をとってもよいこととしている。1・2年次で「情報基礎科目」のほとんどを修得、同時に各コースの基礎的な知識を幅広く学習する。
  • 3年次性で各分野の専門性の高い講義を行いつつ、ゼミに分属して、発表する力をつけ、卒業研究に取り組ませている。また資格取得を充実した教育の証であるととらえ、カリキュラムの履修によって取得できる資格を数多くそろえているほか、キャリア形成のために「ビジネス・キャリアアップ講座」と「リスク管理講座」という独自の科目群を設定し、社会に出て行くために必要なスキルや考え方を養成できるようにしている。