臨床生命科学科

臨床生命科学科

理学部

生命科学に対して理学的にアプローチ。 バランスの取れた専門職を育成。

理学部 臨床生命科学科は、2022年4月に臨床検査技師資格の取得を目指す学科として
リニューアルします。

臨床生命科学科3つのポイント

基礎医学に関する
幅広い知識と技術を習得
臨床検査技師などの資格を取得
医療や福祉の分野で活躍
専門領域に精通した学びを
通して研究力を培う

 最先端の医療開発には、生命科学、臨床医学・基礎医学の幅広い知識と 深い理解が必要です。本学科では理学的なアプローチで生命科学に取り組み、医学知識や技術を習得します。科学的根拠に基づいた医療(Evidence Based  Medicine)を実践するために、コミュニケーション力、問題解決アプローチ力、研究力を培い、医療従事者として、研究者として社会に活躍でき る人材の養成を目指します。

4年間の学びの流れ

自然科学の基礎について学ぶ

自然科学のベースとなる科目を学習。「有機化学」や「分子生物学」など 理学の基礎を学びます。

医学の基礎となる科目を重点的に学ぶ

医学的な専門分野の履修がスタートします。「解剖学」や「微生物学」 「公衆衛生学」「薬理学」など、基礎医学を身につけていきます。

臨床検査技師として必要な応用科目を学ぶ

医療の中でも特に臨床検査技師に必要な科目「血液学」「臨床生理学」 「病理学」等を学んでいきます。実験・実習科目は資格の取得に必要な知 識と技術を習得できる内容となっています。また、「基礎研究論」を習得 することで、研究の基礎を学びます。

研究や実習を通して社会で活躍できる力を習得

卒業研究に取り組むことで、実験技術を身につけて問題解決能力やプレゼンテーション能力を培います。病院実習では臨床検査技師の実務と役 割を学びます。

学ぶ領域・分野

臨床検査医学

医師または歯科医師の指示のもとに、微生物学的検査など、さまざまな検 査を実施し、診断や治療の基礎となるデータを導き出す臨床検査。検査の 成り立ちや概要、法的規制、業務範囲、意義などとともに、臨床検査を実 施するうえで必要となる知識と技術を学ぶ。

生命科学

生命科学とは、ヒトを主体とした生物の生命活動に関する学問分野。本学 科では、広範囲の科学分野を網羅する、さまざまな専門分野の教員をそろ え、勉強する環境を整備。「命」を科学的に理解することをめざす。

基礎医学

基礎医学とは、人体の構造や機能に関する分野。「解剖学」「生理学」「微 生物学」「生化学」「薬理学」「公衆衛生学」「病理学」等を学び、医療従 事者としての土台を築く。

カリキュラム(専門教育科目)

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通 一般化学一般生物学
分析化学
生物有機化学
生物化学Ⅰ・Ⅱ
情報リテラシー
生物無機化学   卒業研究Ⅰ・Ⅱ
(基礎医科学コース)
特別研究
(臨床科学コース)

臨床検査総論実習Ⅱ
(臨床科学コース)
臨床生理学実習Ⅱ
(臨床科学コース)
臨床化学実習Ⅱ
(臨床科学コース)
臨床血液学実習Ⅱ
(臨床科学コース)
臨床免疫学実習Ⅱ
(臨床科学コース)
医療安全管理学実習
(臨床科学コース)
専門
基礎科目
共通 基礎栄養学食品学総論
医学概論パソコン演習基礎分子生物学
動物生理学微生物学公衆衛生学
基礎分子遺伝学
解剖学
 
専門科目 共通   機器分析法
生体情報学/病理学Ⅰ/病原微生物学
臨床検査総論Ⅰ・Ⅱ/臨床生理学Ⅰ
臨床血液学Ⅰ・Ⅱ/免疫学
食薬学
生理活性物質化学/食品機能学
健康管理概論/フードマネージメント論
検査機器論/医用工学概論/病理学Ⅱ
臨床生理学Ⅱ/生物化学的分析法
臨床化学/臨床免疫学/医動物学
放射線生物学/医療安全管理学
基礎医科学研究論
基礎医科学
コース
    臨床栄養学食品安全衛生学
食品バイオテクノロジー
基礎医科学実験 基礎医科学
コース
  生物化学実験Ⅰ・Ⅱ 基礎医科学実験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
臨床科学実験 臨床科学
コース
  解剖学実習 生理学実習/病理学実習
臨床生物化学実習Ⅰ・Ⅱ
医動物学実習/医用工学実習
臨床検査総論実習Ⅰ
臨床生理学実習Ⅰ
臨床化学実習Ⅰ
臨床血液学実習Ⅰ
臨床免疫学実習Ⅰ
専門関連科目 共通 数学Ⅰ・Ⅱ/物理学基礎実験
化学基礎実験/生物学基礎実験
地学基礎論Ⅰ・Ⅱ/地学基礎実験
物理学基礎論Ⅰ
物理学基礎論Ⅱ  


教員養成プロジェクト関連科目
  教職基礎演習
教職のための物理
野外実践指導実習Ⅱ
理科教材開発指導
授業実践演習/教職のための化学
教職のための地学
教職のための生物
※卒業には124単位を修得(うち基盤教育科目より34単位)が必要です。
履修モデルはこちら

在学生・卒業生からのMessage

在学生(4年生)

梅原 大
高知県立高知小津高校出身

経験に勝る学びはない。自ら動き学ぶ姿勢を大切に。

 医療機関で、脳波や心電図、血液検査などの臨床検査を行うのが、臨床検査技師です。そんな、臨床現場の医療を支える重要な業務を担う医療専門職になりたい。その熱い想いを実現するため、4年間で基本的な医学的知識と検査技術をしっかり習得できる岡山理科大学に入学しました。
 臨床生命学科では、臨床検査技師資格取得に関わる基礎的な知識を身につけたのち、病院で実習を重ねました。現在は、国家試験に向けて猛勉強中です。卒業後に配属予定の部署で活躍するため、血液学や生化学、免疫学などの勉強にも力を入れています。
 多くの実習を通して気づいたのは、座学も大切だけれど、実務を通して実際に自分の体を動かして経験することが一番の学びになるということです。臨床検査技師になっても、この積極的に動き学ぶという姿勢を大切にしていきたいと思います。

2018年3月卒業

武森 実咲
私立土佐女子高等学校出身
独立行政法人国立病院機構四国がんセンター勤務(愛媛県)

培った科学・医療両方の知識をいかし、より高度な臨床検査技師になりたいです。

 ガンから人を救いたい。そう考え、臨床検査技師を目指すように。医療の基礎となる科学的な思考を養いたいと理大の臨床生命科学科に進学しました。現在は臨床検査技師として勤務し、検体検査を担当しています。
 
 最新・最良の医療を提供する現場に関わっているため、毎日が学ぶことばかり。基礎分子遺伝学など、理大で最新医療に関する基礎知識を学んでいたおかげで、スムーズに理解することができています。臨床検査技師としての土台を、理大でしっかりと形づくることができたと実感しています。
 
 実は、当病院機構には同窓生が多く勤務しており、相談事もしやすい環境にあります。そんな恵まれた環境のなか、「認定臨床化学・免疫化学精度保証管理技師」など高度な検査資格を取得し、さらに上を目指したいと思います。

※在学生についての掲載内容は2021年3月時点の情報です。

理学部 臨床生命科学科は、2022年4月に臨床検査技師資格の取得を目指す学科として
リニューアルします。