キャリア・就職・進路

キャリア・就職・進路

  • HOME
  • キャリア・就職・進路

データでわかる!就職満足度

岡山理科大学は毎年、高い内定先満足度を誇っており、例年8割近くの学生が「満足」と回答。
これはキメ細かなサポート体制が整っている証と言えるでしょう。

卒業生約5000名が
小中高の教員として活躍

教職課程が充実し、教員採用試験の正規合格者は毎年100名超。教員をめざす学生を支援体制も万全です。

多くの学生が
満足度の高い就職を実現

内定先満足度調査では、例年8割近くの学生が「満足している」と回答。大きな意欲を胸に社会人生活をスタートさせています。

多くの卒業生が地元で活躍中

本学で学ぶ学生の約7割は県外出身者。近年は地元での就職を希望する学生が増加傾向にあり、卒業生の約半数が地元で活躍しています。

大学院進学という選択

大学院に進学する学生も少なくありません。
レベルの高い研究に取り組み、修了後、研究職・技術職として活動の場を広げることができます。

進学サポート

例年多くの学生が大学院へと進学

大学院への進学についても、就職と同様、各学科とキャリア支援センターが窓口となり、バックアップしています。本学では、3年次に「大学院進学説明会」を実施し、4年次に行われる大学院の推薦入試、一般入試(前期・後期)に臨みます。

進学状況

高度な研究に従事するための能力を養う

企業や官公庁の研究部門・機関では、修士や博士の学位をもつ人が過半数に及びます。研究職・技術職をめざす場合は、大学院修了が望ましいこともあります。本学の大学院はもちろん、他大学の大学院に進学するケースも少なくありません。

学部別進学状況(卒業生実績)

先輩からのメッセージ

「子どもの目線に立つ」姿勢を大切にして、
時代が求める"理科に強い小学校教諭"をめざす。

父親が高校の教員で、教職は身近な存在でしたが、2年次から始めた「学校支援ボランティア」で小学生の実情に接して、小学校教員をめざそうと決心しました。基礎理学科は、専門分野の研究に加えて、中学と高校の理科や数学や情報、さらに小学校の教員免許が取れるのが特徴。クラスにも教員志望者が多く、みんなで切磋琢磨しながら教職をめざしました。模擬授業や面接練習も大きな力になりました。また、母校での教育実習では、1回1回の授業が真剣勝負なのだと痛感。ある先生の「子どもの目線に立つことが大切」との助言で、簡単な事柄もまだ知らない子どもを前提にして、丁寧に説明する指導法が身に付きました。「科学が世の中を変える」との信念で、理科に強い小学校教員をめざします。

広島県(小学校)合格

和田 裕揮
理学部基礎理学科2019年3月卒業
広島県立祇園北高校出身