教育研究上の目的(工学研究科)

教育研究上の目的(工学研究科)

工学研究科 教育研究上の目的

工学研究科は、ものづくりに必要な高度な知識と技能を修得し、自然や社会との調和に配慮し得る能力を備え、自立した高度な技術者・研究者として、科学技術を通して社会に貢献できる人材を養成することを目的とする。

応用化学専攻(修士課程)

応用化学専攻は、無機材料化学、有機合成化学、応用物理化学、生物工学、化学工学の5系列で、講義のみならず実験を通して研究開発の手法を身につけさせ、最先端の研究を体感するため学会発表や学会誌への投稿も奨励し、高度な専門能力を養うことを目的とする。

機械システム工学専攻(修士課程)

機械システム工学専攻は、機械系分野における高精度・高効率・多機能の「もの作り」に関する高度な専門知識を応用し、技術者倫理に基づき「もの作り」を通じて人と社会に貢献する機械系開発エンジニアの養成を目的とする。

電子工学専攻(修士課程)

電子工学専攻は、電子物性、情報、通信、光・電磁波、システム工学、電子応用等の広範囲にわたる教育研究を行い、応用能力・コミュニケーション力と高度な専門知識を持つ人材の養成を目的とする。

情報工学専攻(修士課程)

情報工学専攻は、情報工学分野の各系列における様々な理論を教授し、研究者・技術者としての素養を高めるとともに、指導教員との議論を通して、自発性、高度な専門性、実践力を身につけさせる。それにより、社会がかかえている情報工学分野の課題を自発的に見出して解決できる、自立した人材の養成を目的とする。

知能機械工学専攻(修士課程)

知能機械工学専攻は、機械工学・知能情報工学・ユニバーサルデザイン・人間工学の高度な専門能力を持ち、総合的に先端的な機械システムを研究・開発できる人材を養成すると共に、先端技術を研究することを目的とする。

生体医工学専攻(修士課程)

生体医工学専攻は、生体医工学全般を体系的に学び、学際領域に必要な幅広い知識と、それぞれの分野での深い専門性を有し、基礎研究から最終的な製品化までの広い視点に立った研究開発ができる能力を習得させることを目的とする。

建築学専攻(修士課程)

建築学専攻は、建築学における高度な専門知識を習得させると同時に、最新かつ最先端の理論、技術、建築文化を広く習得させ、社会の課題を自分の力で発見し、それを分析し総合的に研究する能力を養うことを目的とする。また、一級建築士の受験に際して必要となる実務経験を取得させることも奨励する。

システム科学専攻(博士課程)

システム科学専攻博士課程(後期)は、創造性豊かで急進展する技術革新にも追随でき、将来の科学技術の発展に真に貢献できる研究者と、高い倫理感と社会規範を身につけた工学分野で指導的な立場に立てる高度専門技術者や教育者の養成を目的とする。