ディプロマポリシー(獣医学部)

ディプロマポリシー(獣医学部)

獣医学部ディプロマポリシー

 
  • A .科学的根拠に基づき動物に関する基礎的知識と技能を修得し、専門分野で活躍・貢献できる能力を身につけている。
  • B .獣医学知識や獣医看護学に関する専門知識を基盤として、ライフサイエンス分野、公共獣医事分野、医獣連携獣医分野/獣医療看護分野への応用力を身につけている。
  • C .専門知識を平易な言葉で伝えることができる。
  • D .獣医療に携わる者としての生命倫理、科学倫理、動物福祉に基づいた行動規範を身につけている。
獣医学科
  • A .科学的根拠に基づき動物に関する高度な専門知識と技能を獲得し、専門分野で活躍・貢献できる能力を身につけている。
  • B .獣医学の知識と技能を基盤として、ライフサイエンス分野、公共獣医事分野、あるいは医獣連携獣医分野への応用力を身につけている。
  • C .獣医事に関する国際的な視野を有し、日本語及び外国語を用いてコミュニケーションをとることができる。
  • D .獣医療に携わる者としての生命倫理、科学倫理、動物福祉に基づいた行動規範を身につけている。
獣医保健看護学科
  • A .科学的根拠に基づき動物に関する基礎知識と技能を修得し、専門分野で活躍・貢献できる能力を身に付けている。
  • B .基礎的な獣医学知識と獣医看護学に関する専門知識を基盤として、ライフサイエンス分野、公共獣医事分野、あるいは獣医療看護分野へ応用できる能力を身に付けている。
  • C .獣医療看護分野に必要なコミュニケーションをとることができる。
  • D .獣医療に携わる者としての生命倫理、科学倫理、動物福祉に基づいた行動規範を身に付けている。