ディプロマポリシー(工学部)

ディプロマポリシー(工学部)

工学部ディプロマポリシー


 岡山理科大学のディプロマポリシーに基づき、工学部では教育目標に定める人材を養成するために、次に挙げる能力を身につけ、所定の単位を修得した者に学士(工学)の学位を授与する。

  • A.知識・理解 社会に貢献するための工学の基礎知識を身につけている。社会での活躍や異文化理解のための幅広い教養と基礎知識を身につけている。
  • B.思考・判断・表現 工学に関する情報を収集し、整理することができる。工学に関する問題を見つけ、その解決策を提案することができる。
  • C.関心・意欲・態度 工学に関心を持ち、社会に貢献するための主体性や協調性を身につけている。工学を学んだ者としての国際的な視野や倫理観を身につけている。
  • D.技能 工学に関する分野の技術者に必要とされる基礎的な技能を身につけている。工学に関連する課題に取り組み、結果や考察を論理的に記述することができる。技術者として社会人としての自分の考えや想いを分かりやすく伝えることができる。
機械システム工学科
  • A.知識・理解 機械システム技術者としての基礎知識を身につけている。社会における諸事象や異文化を理解し、広い視野から物事を多面的に捉えるための幅広い教養を身につけている。
  • B.思考・判断・表現 機械および機械システムの工学問題を解決するために、調査し、知識を活用し、考察することができる。
  • C.関心・意欲・態度 機械および機械システムの工学問題に関心を持ち、計画を立てて取り組むことができる。
  • D.技能 機械システム技術者としての基礎的な技能を身につけている。工学的な問題に取り組んだ結果を論理的に記述することができる。機械システム技術者として必要な日本語によるコミュニケーションを取ることができる。
 
電気電子システム学科
  • A.知識・理解 電気電子工学技術者に求められる数学、物理などの自然科学および電気電子工学の幅広い基礎知識を身につけている。社会貢献や異文化理解のための幅広い教養と基礎知識を身につけている。
  • B.思考・判断・表現 電気電子工学分野の諸問題や社会の要求に対して、その情報を収集・整理した上で、論理的に判断することがきる。習得した専門知識をもとにして、環境や安全に配慮した電気電子システムの改善策を提案することができる。
  • C.関心・意欲・態度 電気電子工学分野の技術に関心を持ち、社会貢献のための主体性や協調性を身につけている。電気電子工学分野の技術者としての国際的な視野や倫理観を身につけている。
  • D.技能 電気電子分野の技術者に必要とされる解析・計測・プログラミング等の技能を習得している。自己の考えを論理的に記述することができるとともに、基礎的なコミュニケーションを図ることができる。
 
情報工学科
  • A.知識・理解 情報工学分野に関わる数学の知識を身につけている。
      情報工学分野の専門知識を身につけている。
      社会での活躍や異文化理解のための幅広い教養と基礎知識を身につけている。
      国際的な視野を養うために必要な外国語の基礎能力を身につけている。
  • B.思考・判断・表現 情報工学分野の実験を計画的・協働的に進め、データを収集・解析し、結果をまとめることができる。
      情報工学分野の課題の背景を理解し、自らアイデアを考案できる。
  • C.関心・意欲・態度 自主的に学習を継続することができる。
      チームで仕事をするための能力を身につけている。
      技術者としての倫理観を身につけている。
  • D.技能 日本語による記述力、発表力、コミュニケーション能力を身につけている。
      各種の情報処理技術を実現するための、プログラミングの基本技能を身につけている。
      情報工学の知識を応用して計画的に仕事を進め、社会の要求を解決する基礎能力を身につけている。
 

応用化学科
  • A.知識・理解
     化学系やバイオ系(応用生化学系)の技術者に求められる自然科学と工学の基礎知識を身につけている。
     社会での活躍や異文化理解のための幅広い教養と基礎知識を身につけている。
  • B.思考・判断・表現
     工学と社会との関わりから生じる問題を見つけ、情報を収集・整理し、解決策を提案することができる。
  • C.関心・意欲・態度
     ものづくりや環境保全に関心をもち、社会に貢献するための主体性や協調性を身につけている。
     技術者としての国際的な視野や倫理観を身につけている。
  • D.技能
     化学系やバイオ系(応用生化学系)の課題に取り組み、結果や考察を論理的に記述することができる。
     技術者として、自身の考えや想いを分かりやすく伝えることができる。
 
建築学科
  • A.知識・理解 建築系の技術者に求められる自然科学、工学の基礎知識を身につけている。社会での活躍や外国人とのコミュニケーションのための幅広い教養と基礎知識を身につけている。
  • B.思考・判断・表現 建築と社会との関わりから生じる問題を見つけ、分析し、その解決策を提案し、分かりやすく伝えることができる。
  • C.関心・意欲・態度 歴史・文化、ものづくり、環境保全に関心を持ち、社会に貢献するための主体性や協調性を身につけている。
  • D.技能 建築に関する知見と情報を具体的に図面化することができ、様々な表現方法を活用して、他者に説明することができる。
生命医療工学科
  • A.知識・理解
    ・社会での活躍や異文化理解のための教養と基礎知識を身につけている。
    ・生命医療工学(医学と工学)の分野で活躍するために、必要な自然科学に関する幅広い知識と専門分野の基礎的知識を身につけている。
  • B.思考・判断・表現
    生命医療工学の技術者として、工学および医学に関係する分野での問題点を明確にできる。これらの解決策をわかりやすく提案することができる。
  • C.関心・意欲・態度
    医学または医療について関心・意欲を持ち、社会に貢献するための主体性や倫理観を持って、適切に行動することができる。
  • D.技能
    社会や医療現場において必要な実践的な技能を身につけ、それらを応用することができる。他者とのコミュニケーションを円滑に図ることができる。