教員養成に係る組織及び教員の数

教員養成に係る組織及び教員の数

各組織の概要
組織名称 教育推進機構会議
目的 学部・学科及び研究科・専攻との連携により、全学の教育及び基盤教育の充実を図り、学生の成長や人生に役立つ組織的な支援と運営を行う。
責任者 教育推進機構長
構成員(役職) 教育推進機構長、教育推進機構副機構長、学部代表(兼研究科代表)各1名、教育開発センター長、基盤教育センター長、教職支援センター長、学芸員教育センター長、IRセンター長、教学支援部長、教学・学生支援部長(今治キャンパス)
運営方法 毎月1回程度開催し、教育推進機構の管理及び運営に関する事項について審議を行う。
組織名称 教職支援センターミーティング
目的 教職を目指す学生の支援及び教職課程の運営等に関する企画及び実施を行う。
責任者 教職支援センター長
構成員(役職・人数) 教職課程担当教員7名、教育学部担当教員5名、理学部担当教員2名、工学部担当教員1名、総合情報学部担当教員1名、生物地球学部担当教員1名、経営学部担当教員1名、教学支援部教学資格課職員4名         
計22名
運営方法 年間12回程度開催し、教職課程の運営、教員養成に資する各種の計画立案と指導を行う。また教職課程に関する対外的な折衝を行い、円滑な運営ができる環境を整備する。
 この他、教職課程担当教員で構成される「教職会議」を年間12回程度行っている。