アセスメントポリシー(大学)

アセスメントポリシー(大学)

1. 目的
岡山理科大学では、教育改善を継続的に実施する目的で、機関レベル、教育課程レベル、科目レベルの3段階において、学生の学修成果を評価します。

1)機関レベル
学生の進路(就職率、就職満足度、資格免許を活かした専門領域への就業率及び進学率、退学率等)、客観テストの結果、学修の達成度に対する学生の自己評価などから、大学全体における活動全体を通した学修成果の達成状況を検証します。検証結果は、岡山理科大学の現状把握、全学的な教育改革・改善、学生・学習支援の改善等に活用します。

2)教育課程レベル
卒業研究の成果、GPA、学修の達成度に対する学生の自己評価、免許・資格の取得状況、卒業後の状況などから、教育課程全体を通した学修成果の達成状況、卒業後のキャリアと大学での学びの関連性について評価します。検証結果は、教育課程レベルの教育の質の改善に活用します。

3)授業科目レベル
シラバスに記載している評価方法と「岡山理科大学試験及び成績に関する規程(仮称)」に定める基準にもとづく厳格な成績評価や授業評価アンケートの学生の自己評価から、科目ごとの学修成果の達成状況を検証します。検証結果は、個々の教員による授業改善に活用します。

2. 評価方法
直接評価,間接評価の両方を用いて、学生の学修成果を多面的に評価します。代表的な評価方法は以下の通りです。

1)トータルキャリアポートフォリオ(2020年度入学者より)
学生が学修活動や学修成果を体系的に記録していくトータルキャリアポートフォリオを活用して、学生の学修成果を継続的に評価します。学生ひとりひとりが成長を実感できるよう、学生はトータルキャリアポートフォリオを用いて、DPに掲げる能力・資質がどのレベルにあるのかを明確な評価基準を用いて定期的に自己評価します。また、学生は学修成果を定期的に記録していきます。学生を担当するチューターが学生の記録や自己評価結果の確認を行い、学生指導に役立てます。

2)卒業研究の成果に対するルーブリックやチェックリスト
卒業認定・学位授与の方針(DP)に掲げる能力・資質の達成度を直接的に評価するために、すべての学科で必修科目にしている卒業研究の成果をルーブリックやチェックリストを用いて評価します。

3)外部の客観テスト
学生の汎用的能力や外国語運用能力などの習得状況を、外部の標準化された客観テストを用いて評価します。

4)アンケートによる学生の自己評価
卒業認定・学位授与の方針(DP)に掲げる能力・資質の達成度や汎用的能力の習得状況を、授業評価アンケートや卒業時アンケートでの自己評価によって評価します。

5)各科目の学習目標に適した評価
筆記試験、レポート、プレゼンテーション、実技試験を組み合わせるなどして、各科目で設定している学習目標に適した評価方法を用いて各科目の学修成果を評価します。