情報科学専攻

情報科学専攻

大学院 総合情報研究科

概要

情報科学専攻は、ソフトウェアに関連した研究を通して、情報の収集、分析、システムの数学的解析など、将来予想される新技術を理解し、情報処理システムとして具休化する能力を備えた人材の育成を目的としています。講義による知識のみならず、実践を通じて研究開発の手法を体得して、自分で与えて研究ができることをめざしています。

専任担当者および研究内容

系列 氏名 研究内容



情報システム
北川 文夫(教 授) データモデルとその応用に関する研究
椎名 広光教 授 形式言語の解析アルゴリズムの開発研究
劉 渤江教 授 高度なデータベースシステムとその応用システムに関する研究
菅野 幸夫講 師 区間演算と数式処理を使った精度保証計算の研究
廣田 雅春講 師 データ工学とその解析に関する研究






情報数理
河野 敏行(教 授) 大型行列の反復解法の研究
榊原 道夫教 授 非線型偏微分方程式の数値解法の研究
中川 重和教 授 正規性の検定と分布論に関する研究
濱谷 義弘教 授 函数差分方程式の解の大域的性質の研究
兵頭 義史教 授 統計的計画の数理構造と解析に関する研究
安田 貴徳准教授 公開鍵暗号の開発と解読に関する研究
加瀬 遼一講 師 傾変異理論を軸とした多元環の表現論の研究
川島 正行講 師 平面曲線のトポロジーと特異点の摂動に関する研究


専任担当者および研究内容

分離度を用いた画像における形状の識別に関する研究 VODによる教育の質向上をめざすLMS「MOMOTARO」とVODシステムⅡ
単語極性評価を用いた講義アンケート自由回答文の評価及び講義評価 加速度センサを用いた日常生活における移動状態の検出に関する研究
機械学習法を用いたショートメッセージの分類法の提案 データ周辺の生起確率推定によるクラス分類法に関する
研究
日本語難易度を考慮した講義用検索システム マルコフ連鎖における状態の極限挙動について
画像の解像度変換について Lotka-Volterra方程式とパラメータ決定と数値シミュレーション
曲線の当てはめ問題と特異点をもつ曲線の考察 ニューラルネットワークによる繰込み学習と単語の共起評価によるアンケート自由回答文と単語の評価
ニューラルネットワークを利用したプログラムに対するコメントの生成