NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 岡山理科大学とフランスバルトルディ高校がオンライン文化交流活動を実施

岡山理科大学とフランスバルトルディ高校がオンライン文化交流活動を実施

2022.06.17更新理大レポート

5月23日(月)、歌人なべとびすこ氏を講師として迎え、岡山理科大学の学生とフランスバルトルディ高校の生徒がオンラインで短歌を作成するワークショップが開催されました。参加者は、岡山理科大学教育学部中等教育学科の10名と、バルトルディ高校で日本語を学ぶ高校3年生20名の計30名。短歌についての解説の後、日本語の拍の数え方のゲームでアイスブレイクを行い、その後バルトルディ高校の生徒と岡山理科大学の学生がグループに分かれ、短歌の穴埋めゲームに取り組みました。最後は、バルトルディ高校の生徒たちに、日本に来たらしたいことを話してもらい、協働して短歌を作成しました。

Zoomを使って行われたこのイベントの目的は、バルトルディ高校で日本語を学ぶ生徒たちとの交流です。普段、授業以外で日本語を話す機会があまりないバルトルディ高校の生徒は、「難しかったけど、日本人が優しかった」「日本人の考え方を知るきっかけになった」「日本人学生が話していることが理解できて嬉しかった」と喜んでくれました。岡山理科大学の学生も「自由な発想の回答が聞けて楽しかった」「フランスの生徒がたくさん話してくれて、その分自分も話しかけることができて交流が上手くいった」「貴重な経験ができた」と、交流活動を楽しんでいました。