NEWS&TOPICS

万成花こう岩の秘密に迫る/市民公開講座

2023.11.06更新理大レポート

万成花こう岩の秘密に迫る/市民公開講座

岩石用のハンマーを使って自ら石を採集

 岡山理科大学の市民公開講座「山の寺子屋で学ぼう!」が11月4日、親子連れなど22人が参加。今回は理大岡山キャンパスを飛び出し、万成花こう岩を採掘・販売している武田石材採石場で実施。テーマは「岡山県の石、万成花こう岩を知ろう」で、花こう岩の成り立ちやそれが作る風景などについて詳しく学びました。
 
 講師は生物地球学部生物地球学科の能美洋介教授。能美教授の専門は情報地質学・地形地質学で、農林水産省で地質職を務めた後岡山理科大学に赴任、現在は生物地球学部で地質学などの講義を担当しています。
 
 現地に到着した参加者は、ヘルメット、ゴーグル、ハンマー、ルーペを受取り、こぶし一握り分の石を自ら採石する体験からスタート。参加者は各々で好みの石をハンマーで砕き、ルーペで万成石の表情を詳しく観察しました。能美教授はまず、花こう岩は大きく4つの鉱物かが識別でき、ピンク色の正長石、黒く光る黒雲母、乳白色の斜長石、ガラス状の石英などで花こう岩が成り立っていると説明しました。参加者は採石した石を観察しながら、能美教授の話を聞き入る様子が見られました。
 
 続いて、参加者は自由に採石や標本づくりを体験。能美研究室のゼミ生たちのサポートを受けながら、大きな岩を砕き採集する参加者や、採石した石を標本にするためのケースを工作したりしました。手足が泥だらけになった参加者も見られました。講座終了後も能美教授に質問をする参加者が多く、大満足な講座となりました。
 
 参加者からは「岡山県の地層について知れた」「たくさん勉強して石博士になりたい」などの感想が聞かれました。

万成花こう岩の秘密に迫る/市民公開講座

未風化の万成花こう岩を手に取る参加者

万成花こう岩の秘密に迫る/市民公開講座

現地で解説する能美教授

万成花こう岩の秘密に迫る/市民公開講座

大きな岩から採石する参加者

万成花こう岩の秘密に迫る/市民公開講座

講座を行った武田石材採石場

万成花こう岩の秘密に迫る/市民公開講座

採石した石をルーペで観察します

万成花こう岩の秘密に迫る/市民公開講座

万成花こう岩の標本づくりを行いました