NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 岡山県立岡山一宮高等学校の普通科・理数科2年生30名が、サイエンスプロジェクト『先端研究所研修』を、理学部と恐竜学博物館で体験

岡山県立岡山一宮高等学校の普通科・理数科2年生30名が、サイエンスプロジェクト『先端研究所研修』を、理学部と恐竜学博物館で体験

2021.08.31更新学科レポート

岡山県立岡山一宮高等学校の普通科・理数科2年生30名が、サイエンスプロジェクト『先端研究所研修』を、理学部と恐竜学博物館で体験

 岡山一宮高等学校普通科・理数科2年生30名が、サイエンスプロジェクト『先端研究所研修』の一環で、本学恐竜学博物館、理学部(応用物理学科、化学科、生物化学科)で研修を行いました。
 午前中は恐竜学博物館にて、館長の石垣先生から最先端の恐竜研究についてレクチャーと見学を行いました。昼食は、A01号館地下の学食を利用しました。午後からは、まず2時間ほど物理分野・化学分野・生物分野に分かれて研究室訪問、見学、実験を体験しました。今回は、応用物理学科の米田先生、化学科岩永先生、生物化学科三井先生・矢野先生の研究室で最先端の研究に触れていただきました。写真は、恐竜学博物館の見学の様子と、生物分野の研修の様子です。
 見学後は、参加者の岡山一宮高等学校の生徒さん達が取り組んでいる課題研究について、大学の先生方に質問や意見を求める相談も実施されました。最先端の科学に触れ、課題研究深化のきっかけとなれば幸いです。

 理学部並びに2022年開設の生命科学部では、このような見学を受け入れています。ご相談ください。入試広報センターにご相談ください。

岡山県立岡山一宮高等学校の普通科・理数科2年生30名が、サイエンスプロジェクト『先端研究所研修』を、理学部と恐竜学博物館で体験

岡山県立岡山一宮高等学校の普通科・理数科2年生30名が、サイエンスプロジェクト『先端研究所研修』を、理学部と恐竜学博物館で体験

岡山県立岡山一宮高等学校の普通科・理数科2年生30名が、サイエンスプロジェクト『先端研究所研修』を、理学部と恐竜学博物館で体験

岡山県立岡山一宮高等学校の普通科・理数科2年生30名が、サイエンスプロジェクト『先端研究所研修』を、理学部と恐竜学博物館で体験