お知らせ

NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 生物地球学科大橋教授らが共同開発・運用開始「肱川あらし」発生予報プログラム/愛媛新聞に掲載

生物地球学科大橋教授らが共同開発・運用開始「肱川あらし」発生予報プログラム/愛媛新聞に掲載

2023.10.12更新メディア掲載 [岡山キャンパス]

生物地球学科大橋教授らの研究チームが共同開発し運用を始めた「『肱川あらし』発生を人工知能(AI)で予報するプログラム」について紹介する記事が、10月12日付の愛媛新聞に掲載されました。