お知らせ

NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • ワインプロジェクト実習2 マスカットの新梢管理(倉敷市:ふなおワイナリー)

ワインプロジェクト実習2 マスカットの新梢管理(倉敷市:ふなおワイナリー)

2022.07.06更新研究施設レポート

ワインプロジェクト実習2 マスカットの新梢管理(倉敷市:ふなおワイナリー)

川俣先生から新梢管理の解説

ワインプロジェクトプログラム(岡山理科大学ブランド系科目)の「ワインプロジェクト実習2」が、2022年5月14日に、倉敷市のふなおワイナリー(有)にて行われました。この実習は、倉敷市、ふなおワイナリーおよび岡山理科大学の包括的連携・協力に関する協定に基づいたものです。

実習では、プロジェクトの2年に突入した受講生たちが、マスカット・オブ・アレキサンドリアのブドウ畑で実習を行いました。

実習では、新梢(しんしょう)の管理につて、ワイン発酵科学センターの川俣先生から解説がありました。春になって新しく伸びた枝(新梢)は、適切に管理する必要があります。今回は、50cmくらい伸びた新梢に、捻枝(ねんし)を行い、ワイヤーに誘引します。

川俣先生の解説の後、受講生たちは3名程度の班に分かれて、ふなおワイナリーの協力隊の皆さんから指導を頂きつつ、誘引の作業に挑戦しました。実習生は、捻枝に挑戦し、枝をパキッと音がするまで捻じった後に、曲げやすくなった新梢を誘引していきました。

実習の休憩時間には、ワイナリーの売店で「まるごと!マスカットソフト」を楽しむ受講生もいました。暑い時期にはたまらない美味しさだったことでしょう。

ワインプロジェクト実習2 マスカットの新梢管理(倉敷市:ふなおワイナリー)

新梢を軽く捻じって柔らかくした後に

ワインプロジェクト実習2 マスカットの新梢管理(倉敷市:ふなおワイナリー)

ワイヤーに結んで、枝の伸びる向きを誘引します

ワインプロジェクト実習2 マスカットの新梢管理(倉敷市:ふなおワイナリー)

ふなおワイナリー特製、まるごと!マスカットソフト