お知らせ

NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • 総合理学専攻2年生の論文が日本化学会速報誌に掲載されました

総合理学専攻2年生の論文が日本化学会速報誌に掲載されました

2022.03.24更新学科レポート
[基礎理学科]

総合理学専攻2年生の中野晟志さんの論文が日本化学会速報誌に掲載されました。
人工酵素触媒を用いる環境に優しい合成法で、安価なフェノールを重合することで、高い熱安定性と低い誘電率を併せ持つポリエーテルの合成に成功しました[1]。
先に見出した新規ポリエーテル[2]より誘電率はやや高いものの、モノマーコストを1/10以下にできます。次世代の6G通信システムや車の自動運転などへの応用が期待されます。
本研究は岡山県からの委託研究として実施したものです。

[1] Enzyme Model-catalyzed Oxidative Copolymerization of Phenol while Continuously Adding an Endcap to Multi-branched Poly(phenylene oxide) Showing Low Dielectric Constant
Akiyuki Nakano, Yuto Kubota, Noboru Osaka, Hideyuki Higashimura
Chem. Lett. 2022, 51, 420.
https://www.journal.csj.jp/doi/abs/10.1246/cl.210797

[2] A new poly(arylene oxide) with an extremely low dielectric constant as a fully aromatic hydrocarbon-type polymer
Akiyuki Nakano, Yoichi Tanabe, Hideyuki Higashimura
Polymer 2021, 237, 124345.
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S003238612100968X