NEWS&TOPICS

広島中心部で恐竜のラッピングバス運行

2021.06.29更新理大レポート

広島中心部で恐竜のラッピングバス運行

理大グリーンにラッピングされた広島バス

 岡山理科大学の2021年度の新コミュニケーションフレーズ「LOVE&SCIENCE すべてはキミの未来のために。」をお隣の広島でもPRするため、6月29日から広島市の目抜き通りでラッピングバス(広島バス)1台を運行。ブランドイメージの浸透を目指します。
 
 新コミュニケーションフレーズには、サイエンスを愛する心を持った仲間や先生たちと一緒に、豊かで充実した時間を過ごすことで、学生一人ひとりが自分自身の未来をつくっていってほしい、という願いを込めています。
 
 バスは、理大のイメージカラーのグリーンを基調に、マスコットキャラクターの「たんQくん」と、理大の調査でも骨格が発掘されているアジア最大の肉食恐竜「タルボサウルス」の復元画が描かれています。広島駅と吉島を結ぶ路線などで運行され、八丁堀や紙屋町などを通ります。運行期間は1年間です。
 
 運行開始前日の6月28日には広島市中区の広島バス本社前で、関係者が参加して試乗するなど記念イベントが行われました。
 
 ラッピングバスは、地元の岡山では2009年8月から岡電バスが運行しており、現在運行している1台も6月20日、新コミュニケーションフレーズに模様替えしました。広島でラッピングバスを運行するのは今回が初めてです。

広島中心部で恐竜のラッピングバス運行

タルボサウルスの復元画が目を引きます

広島中心部で恐竜のラッピングバス運行

乗降口側から見たラッピングバス

広島中心部で恐竜のラッピングバス運行

後部はこんな感じです。たんQくんが目立ちます