NEWS&TOPICS

  • HOME
  • NEWS&TOPICS
  • ワインプロジェクト実習Ⅱ 白ワイン発酵(学内)

ワインプロジェクト実習Ⅱ 白ワイン発酵(学内)

2019.09.13更新研究施設レポート

ワインプロジェクト実習Ⅱ 白ワイン発酵(学内)

除梗機に投入して、軸と実を分離します

ワインプロジェクトプログラムの「ワインプロジェクト実習Ⅱ」の、ワイン発酵(白)を、2019年9月13日に理大内のワイン発酵科学センターとその周辺で行いました。

実習では、いつもお世話になっている、倉敷市のふなおワイナリーで育てられたマスカットオブアレキサンドリアを用いて、白ワインの仕込みを行いました。
まず、一日目は搾汁を行いました。カゴに積まれたブドウの重量を計測してから、手動式除梗破砕機で、ブドウの軸を分離し、軽く潰します。続いて、手動バスケットプレスを用いて、ブドウの実から果汁を搾り出していきます。
一部のブドウは、人力破砕を行いました。足で潰す場合は、丈夫なビニール袋などを着けて、慎重に体重をかけて果汁を抽出します。さらに、うまく潰しきれなかった果実は、手袋をつけて手で潰していきます。
実習を始めると、マスカットの良い香りがキャンパスに広がりました。集めた果汁は、一晩静置して次の処理を待ちます。

ワインプロジェクト実習Ⅱ 白ワイン発酵(学内)

バスケットプレスで少しずつ圧力をかけ、搾っていきます

ワインプロジェクト実習Ⅱ 白ワイン発酵(学内)

搾汁完了! さて、元の果実の重量に対して、何%くらい取れたかな?

ワインプロジェクト実習Ⅱ 白ワイン発酵(学内)

一部、人力搾汁にも挑戦しました。意外とよく潰れます