教育研究上の目的(理学研究科)

教育研究上の目的(理学研究科)

理学研究科 教育研究上の目的

理学研究科は、自然科学の基礎体系を理解し、専門分野で創造的に実践する能力を有する人材の育成を目的とする。

応用数学専攻(修士課程)

応用数学専攻は、学部応用数学科における教育を基盤にし、数学の理論と応用の両面においてより高度な専門的な知識・情報技術を身につけ、それらを幅広く活用して社会の発展に貢献できる人材の養成を目的とする。

化学専攻(修士課程)

化学専攻は、実践を重視した研究・教育により、自分の専門に加え化学全般の広い学識を身に付けさせ、化学関連の産業の現場で中心となって活躍できる研究者・技術者及び化学の面白さを伝えることができる教員などの人材の養成を目的とする。

応用物理学専攻(修士課程)

応用物理学専攻は、自然科学や科学技術の基礎をなす物理学や応用物理学に関わる広範囲な学問域を修め、論理的思考を通じて諸現象に適切に対応できる高度な専門知識を持つ人材の養成を目的とする。

総合理学専攻(修士課程)

総合理学専攻は、自然科学の本質の理解や専門性を深めるとともに、学際的視野に立って物事を種々の角度から科学的に吟味し判断できる能力と創造性とを兼ね備え、指導性・国際性に富む人材の養成を目的とする。

生物化学専攻(修士課程)

生物化学専攻は、生物学と化学を中心に幅広くバランスのとれた自然科学の知識と感性を身に付け、さらに最新の生物化学に関する研究活動で問題解決能力を養うことで、自然と調和した現代社会の発展に貢献できる知的人材の養成を目的とする。

臨床生命科学専攻(修士課程)

臨床生命科学専攻は、臨床検査医学と食科学を融合する「医食同源」の学問体系を学ぶ。食品中のさまざまな成分のヒトにおける体内での作用を食の安全・安心の立場から検証し、実践することができる健康科学の専門家の養成を目標とする。

動物学専攻(修士課程)

動物学専攻は、理学の根源的な知的好奇心に発する博物学の伝統に根差した動物学的学識を深化させるとともに、最新の研究を通して問題の発見力および解決力を磨き、そしてその成果を世界に発信する能力を養う。加えて、地球環境と人間社会への貢献を志向し、科学知識と社会倫理を調和させた判断力と行動力をも併せ持つ人材の養成を目的とする。

応用数学専攻(博士課程)

応用数学専攻博士課程(後期)は、諸学問の基礎としての数学の発展に寄与することを研究・教育の目的としている。

材質理学専攻(博士課程)

材質理学専攻博士課程(後期)は、化学系、物理系、生物系の基礎科学を中心に学際領域での教育・研究に対応できる体制をとり、整備された研究装置・機器を活用し、創造性、国際性に富む研究者・技術者の養成を目的とする。