アドミッションポリシー(アクティブラーナーズコース)2022年度

アドミッションポリシー(アクティブラーナーズコース)2022年度

アクティブラーナーズコースアドミッションポリシー

 アクティブラーナーズコースでは、コースの教育システムに共感し、学修や経験を通して、成長を望み、これからの時代に自らの学びと経験を以て、貢献しようとする人材の養成を目的としている。そのために、以下の資質をもつ人を国や地域を問わず広く求める。

  • A.知識・技能 自らの興味を深め、志望する分野を学修するために必要な基礎的な知識・技能を身につけている。
  • B.コミュニケーション技能 他者と協働して学修を遂行するために必要なコミュニケーションに関わる基礎的な技術を身につけている。
  • C.思考力・判断力・表現力 自ら考えた目標や計画を行動に移すための説明をわかりやすく行うことができる。
  • D.学修への意欲・関心 主体的・協働的な学習活動を通して知識を深め、経験を広げていく向上心を有する。
  • E.社会貢献への意欲 自らの興味や志望する分野・領域とそれを取り巻く社会・環境・技術などに関心を持っている。
求める人物像
  • 新しい分野への探求心と新たな体験へ挑戦する意欲を有する人
  • 好奇心に富み、主体的及び協働的に取り組む意欲のある人
  • 建学の理念を理解し、他者に奉仕し、ともに向上する意欲を有する者
学んできてほしいこと
  • 高等学校で身につけておくべき学力の内で、得意分野を有していることが望ましい。
  • 解決しようとする問題点を自らの考えで整理し、筋道をたてて説明する習慣が身についていることが望ましい。
  • 高等学校内外においての諸活動(部活動、ボランティア活動、海外活動、生徒会活動、各種大会、コンクールへの参加など)に積極的に関わっていることが望ましい。

 

入学者選抜の基本方針
アクティブラーナーズコース入学者選抜は、総合型選抜、特別推薦入試、推薦入試A、推薦入試B、一般入試前期A日程、一般入試前期B日程、一般入試後期日程、さらに共通テスト利用入試、帰国生徒入試、社会人入試、私費外国人留学生入試にて行う。

総合型選抜
 総合型選抜では、高等学校の調査書、基礎資料(共通課題、学科課題)、基礎的な試問を含む個人面接及びプレゼンテーション等により、学修への意欲・関心、コミュニケーション技能、表現力及び高等学校での学習の成果を、主に次の事項を中心に多面的かつ総合的に評価する。
  • 勉学に対する意欲や探究心を評価する。
  • 主体性をもって多様な人々と協働して学習する態度を評価する。
  • 高等学校で修得した基礎的な知識・技能と、それらを活用し自ら課題を発見・探究・解決し、その成果の表現に必要な思考力・判断力・表現力を評価する。

◇学校推薦型選抜(特別推薦入試)
 学校推薦型選抜(特別推薦入試)では、高等学校長の推薦書・調査書、基礎的な試問を含む面接及びグループワーク等により、学修への意欲・関心、コミュニケーション技能、表現力及び高等学校での学習の成果を、主に次の事項を中心に多面的かつ総合的に評価する。
  • 勉学に対する意欲や探究心を評価する。
  • 主体性をもって多様な人々と協働して学習する態度を評価する。
  • 高等学校で修得した基礎的な知識・技能と、それらを活用し自ら課題を発見・探究・解決し、その成果の表現に必要な思考力・判断力・表現力を評価する。
◇学校推薦型選抜(推薦入試A日程)
 学校推薦型選抜(推薦入試A日程)では、高等学校長の推薦書・調査書により高等学校で修得した知識・技能を評価し、基礎的な試問により高等学校で修得した基本的な知識・技能を評価する。


◇学校推薦型選抜(推薦入試B日程)
 学校推薦型選抜(推薦入試B日程)では、高等学校の調査書により高等学校で修得した知識・技能を評価し、基礎的な試問により高等学校で修得した基本的な知識・技能を評価する。

◇一般選抜(一般入試)
 一般選抜(一般入試)では、学力検査(記述式問題を含む)の成績により、学ぶ上で必要な知識・技能、思考力・判断力・表現力を評価する。

◇一般選抜(共通テスト利用入試)
 一般選抜(共通テスト利用入試)では、大学入学共通テストの成績により、学ぶ上で必要な知識・技能及び思考力・判断力・表現力を評価する。


◇特別入学者選抜(帰国生徒入試)
 特別入学者選抜(帰国生徒入試)では、提出書類と試問を含む面接により、学修への意欲・関心、コミュニケーション技能、表現力等を、主に次の事項を中心に多面的かつ総合的に評価する。
  • 勉学に対する意欲や探究心を評価する。
  • 主体性をもって多様ことに取り組む姿勢を評価する。
  • 高等学校程度の基礎的な知識・技能と、それらを活用し自ら課題を発見・探究・解決し、その成果の表現に必要な思考力・判断力・表現力を評価する。

◇特別入学者選抜(社会人入試)
 特別入学者選抜(社会人入試)では、提出書類と試問を含む面接により、学修への意欲・関心、コミュニケーション技能、表現力および適正を、主に次の事項を中心に多面的かつ総合的に評価する。
  • 勉学に対する意欲や探究心を評価する。
  • 主体性をもって多様なことに取り組む姿勢を評価する。
  • 高等学校程度の基礎的な知識・技能と、それらを活用し自ら課題を発見・探究・解決し、その成果の表現に必要な思考力・判断力・表現力を評価する。
◇特別入学者選抜(国際バカロレア入試)
 特別入学者選抜(国際バカロレア入試)では、提出書類と試問を含む面接により、学修への意欲・関心、コミュニケーション技能、表現力および適正を、主に次の事項を中心に多面的かつ総合的に評価する。
  • 勉学に対する意欲や探究心を評価する。
  • 主体性をもって多様なことに取り組む姿勢を評価する。
  • 高等学校程度の基礎的な知識・技能と、それらを活用し自ら課題を発見・探究・解決し、その成果の表現に必要な思考力・判断力・表現力を評価する。
 
◇特別入学者選抜(留学生入試)
 特別入学者選抜(留学生入試)では、提出書類と試問を含む面接により、学ぶ上で必要な能力(日本語の能力を含む)、意欲及び適正を、主に次の事項を中心に多面的かつ総合的に評価する。
  • 勉学に対する意欲や探究心を評価する。
  • 主体性をもって多様なことに取り組む姿勢を評価する。
  • 日本語の能力及び高等学校程度の基礎的な知識・技能と、それらを活用し自ら課題を発見・探究・解決し、その成果の表現に必要な思考力・判断力・表現力を評価する。