システム科学専攻 建築学コース

現代社会が有する課題を分析的、総合的にとらえて建築による
解決のための幅広い実践力を持つ人材を養成する。

本専攻では、建築の3本柱である計画、構造、環境設備分野に分化して建築学の高度で先端的な専門知識を習得すると同時に、多様に変化する社会に対応し、安全で環境にやさしい魅力的な建築空間創造のため、課題を自らの力で発見し、解決に実践的に取組むことのできるアーキテクト、プランナー、エンジニアの養成を目的とします。また、一級建築士受験を奨励します。

研究内容

建築計画学

  • 設計における合意形成手法に関する研究
  • 環境人間学的建築空間の設計手法と空間知覚の研究
  • 住環境の持続可能性に関する実践と研究
  • 建築・都市における実践的設計手法の研究
  • 文化遺産マネジメントによるまちづくり
  • 設計者と利用者が協働創作可能な手法の研究
  • 集落・町並み保存や文化財建造物の調査研究

建築構造工学

  • 鉄骨造および鉄筋コンクリート造の耐震構造に関する研究
  • 建物施工時・使用時の地盤・構造物の変形挙動の研究
  • 木造軸組構法の耐震設計・補強に関する研究

建築環境工学・設備工学

  • 省エネルギーを実現する設備システムに関する研究
  • 建築・都市環境システムにおける計画法と評価法に関する研究

Copyright (c) 岡山理科大学大学院 理工学研究科
All rights reserved.